よそ見厳禁!ベセスダに降臨したドラゴンに見とれるドライバーが続出

ゲーム
© Bethesda Softworks LLC.

イギリスのノースウェールズの新聞DailyPost誌などによると、地元の“ベセスダ地区”の一角にドラゴンが出現し交通に乱れが出ているということです。

 

ベセスダとドラゴンと言えば「TES5:スカイリム」を連想してしまいますが、まさにゲーム内に出てくるドラゴンそのものといってもいいこの造形に道行く人が足を止めてしまうのも無理はないでしょう。

 

© 2019 Simon O’Rourke Tree Carving

 

この立派な木彫りのドラゴンは、彫刻家Simon O’Rourkeさんによって作られたものです。

Y Ddraig Derw(The Oak Dragon)と名付けられたドラゴンは200年前のオークの木を使って製作され、7m近くある巨体が眼下の道を威嚇しています。

スポンサーリンク

 

O’Rourkeさんによると彫刻のアイデアは自分が木を見つける場合と木からこちらに語り掛けてくる場合の二つがあるといいます。

そしてこのオークドラゴンの場合は後者だったそうです。

木が半分に割れて横たわっていた状態だったことが彼の創作意欲に火をつけたのでした。

 

ドラゴンに生まれ変わる前のオークの木 © 2019 Simon O’Rourke Tree Carving

 

立派なオークドラゴンの完成 © 2019 Simon O’Rourke Tree Carving

 

彫刻とは思えない迫力 © 2019 Simon O’Rourke Tree Carving

 

6日かかって完成した大作は人々の注目の的になりました。

しかしドラゴンは道沿いにあるためすぐに別の問題を抱える事態となります。

 

この道を通る多くのドライバーがドラゴンを見るためによそ見をするようになったのです。

 


 

地元の警察署はドラゴンを見るために減速したりよそ見をしたりすることのないようにドライバーに呼びかけました。

この道では既に1回の事故と複数のニアミスが起きています。

 

そしてドラゴンを安全に見たい場合には駐車スペースに車を止めてから歩いて見学するようにと注意を促しました。

 

想定以上の反響にO’RourkeさんもFacebookで注意を呼びかけています。

この場所は普段でも事故が多い地点だそうでドライバーに運転に集中するように求めました。

そして多くの反響に対して感謝を述べています。

 


 

このドラゴンは明らかにスカイリムのドラゴンを連想させるため、今後も多くの観光客が来るだろうと予想されています。

MOD界隈では既にこのオークドラゴンが登場するものもあるようです。

 

今にも動きだしそうなドラゴンが道のわきからこちらを見下ろしていれば、誰だって立ち止まってしまうのも無理はないような気がします。

それにしてもスゴイ迫力!

 

 

Source:TreeCarving.co.uk,DailyPost

ゲーム
スポンサーリンク
しぐれをフォローする
しぐれちゃんねる

コメント