インドの州でベーシックインカム採用に向けた動きが始まる

雑ネタ

ベーシックインカム――なんとも響きの良い言葉です。

これは国民に無条件で一定額のお金を支給する制度のことで、これまでいろいろな意味で議論の的になってきました。

ベーシックインカムの問題として誰にでも想像できるのは、仕事への意欲や生産性の低下や財源の確保などが挙げられます。

 

しかし科学や技術の発展により社会がオートメーション化していくと労働に新たな問題が発生します。

これまで人間がしていた単純な仕事はロボットが請け負うようになります。

仕事を失った労働者とロボットを保有する一部の富裕層という構図が現実になるのもそう遠いことではないでしょう。

こうした労働と技術の進化から起こる問題に対する答えの一つとして提案されるのがベーシックインカム制度です。

 

インドの小さな州シッキムの与党は今年の総選挙に向けたマニフェストとしてベーシックインカム導入を掲げました。

スポンサーリンク

 

2022年までにベーシックインカムを導入

 

 

ヒマラヤ山脈の標高の高い場所に位置するシッキム州には約61万人の住民が暮らしています。

与党であるシッキム民主戦線は今年の総選挙の目玉として、2022年までにベーシックインカム制度を導入することを掲げました。

 

シッキムは新しい取り組みに対しての前例を持っています。

1998年にはインドで初めてビニール袋の使用を禁止した州になりました。(それは他の州とは異なり首尾よく実行されました)

また全ての市民に住宅を提供していて、最近では農薬や化学肥料の使用を廃止しインド初の有機栽培州になっています。

 


 

シッキム民主戦線のPrem Das Rai氏はベーシックインカム制度が発展途上国ではうまくいくスキームだと語ります。

 

ベーシックインカムは多くのエコノミストが検討したスキームであり、インドでもいくつかの州でテストされました。そしてそれがうまくいくことが示されています。

 

グジャラート州やマディヤ・プラデーシュ州、さらには複数の部族での試験的導入の結果が良かったことが今回のマニフェスト策定を後押ししています。

 


 

シッキムの識字率は98%と高く、失業率もインドの平均である30%よりもかなり低い8%ほどにとどまっています。

 

そしてベーシックインカム導入の決め手になったのが、政府が主導した水力発電プロジェクトの成功でした。

 

水力発電が生み出す年間の電力は2200メガワットですが、シッキムでは200~300メガワットほどしか必要としていません。(さらに今後は3000メガワットまで供給できる予定になっています)

つまり残りの電力は余剰電力として電力会社が買い取ることになり、それが財源に充てられるというわけです。

 

Prem Das Rai氏はこの余剰分を州民のために利用するべきだと語っています。

そしてベーシックインカムがもたらす繁栄を人々と共有することを望んでいます。

 

ベーシックインカムは彼らに仕事の自由という選択肢を与えます。そしてこれは今日社会で目にする問題のいくつかを解決することができます。

 

世界的な不平等が広がる時代において、このプロジェクトがそれを解決する一つのやり方であることを示したいとPrem Das Rai氏は付け加えました。

 

世界におけるベーシックインカムの実例

 

 

世界のいくつかの地域では過去にベーシックインカムの実験が行われています。

 

2017年4月、カナダのオンタリオ州政府は4000人を対象にしたベーシックインカム実験を行っています。

それには1億1100万ドルの費用が必要になりました。

しかしプログラムは1年後に突然終了し、政府はこれを持続不可能なものだと説明しました。

 

フィンランドでは2年間にわたってベーシックインカム制度の実験が行われましたが現在それを継続する計画はありません。

 

一方アメリカでは、カリフォルニア州ストックトンで27歳で市長に任命されたMichael Tubbs氏が、100人を対象に18か月間毎月500ドルを支給するという実験をして話題になりました。

(ストックトンは犯罪率が高く貧困が長年の問題になっています)

 


 

ベーシックインカムについてはFacebookのマーク・ザッカーバーグ氏やテスラ社のイーロン・マスク氏などいわゆる大富豪たちが一定の評価を下している傾向があります。

しかし懐疑派は労働意欲を低下させたり無駄な支出につながるたけだとして両者の溝は大きく開いているのが現状です。

 

前述したストックトンの市長Tubbs氏は、貧困が最低限の生活をできなくさせ、それが予想外の事態に発展してしまうと語っています。

 


 

労働は国民の義務ですが、仕事そのものがなくなってしまえば日々の生活に対する不安で人生に暗い影を落としかねません。

健康的で自由な人生を生きる権利は誰にでもあるはずですが、それもお金があってのことです。

 

シッキム州でのベーシックインカムの導入がどのように推移していくのかはわかりませんが、人間の新しい生き方にヒントを与える結果になってほしいと願うばかりです。

 


 

 

 

かなで
かなで

わーい!仕事しないでずっと遊べるよー!

ふうか
ふうか

お前はいつも遊んでばかりではないか!たまには仕事もしなさい!

せつな
せつな

ベーシックインカム……これはぜひうちにも導入するべき事案

 

 


 

インドのシッキム州でベーシックインカムが導入されるという話題でした。

 

 

 

 

References:indianexpress,sciencealert

雑ネタ
スポンサーリンク
しぐれをフォローする
しぐれちゃんねる

コメント