初観測、木星探査機ジュノーがとらえた「ガニメデ」の北極

宇宙
(Credits: NASA/JPL-Caltech/SwRI/ASI/INAF/JIRAM)

NASAの木星探査機ジュノーは、2019年の12月26日、木星の衛星の一つ「ガニメデ」の北極地域を初めて撮影しました。

ガニメデは水星よりも大きな星で、太陽系の衛星のなかで唯一独特の磁場を持っていることで知られています。

ジュノーによる北極地域の観測結果は、ガニメデの磁場と、79ある木星の衛星がどのようにして作られたのかを知るヒントにつながります。

 

スポンサーリンク

 

プラズマの影響を大きく受けているガニメデの極地域

 

ジュノーのミッションチームは昨年の木星への接近飛行の際、探査機がガニメデの近くを通ることを知り、急遽搭載している分光器「JIRAM (木星赤外線オーロラマッパー)」を北極に向けるようプログラムしました。

JIRAMは12月26日に、ガニメデから約10万キロ離れた地点から、300枚の赤外線画像を撮影しました。

 

ガニメデの北極地域の赤外線画像。赤道地域との色の違いは、極の氷が不安定なアモルファスであることを示している (Credits: NASA/JPL-Caltech/SwRI/ASI/INAF/JIRAM)

 

ガニメデには大気がなく、地球のように太陽からのプラズマでオーロラが発生することはありません。

そのためガニメデに到達したプラズマは、遮られることなく磁場に沿って極に集まり、凍った地形に劇的な影響を与えます。

JIRAMの画像分析では、ガニメデの北極地域の氷が不定形(アモルファス)であり、赤道地域の氷とは異なる特徴を持っていることが明らかになっています。

ジュノーの共同研究者でイタリア国立天体物理学研究所のアレッサンドロ・ムーラ氏は、「JIRAMのデータは、ガニメデの北極とその周辺の氷がプラズマによって変形したことを示している」と説明し、初となる極の観測については、「ジュノーなくして全体像を知ることはできなかった」と述べています。

 

スポンサーリンク

 

現在木星の極軌道を53日で一周しているジュノーは、2021年7月までの運用が決定しています。

ジュノーによって得られたデータは、ESAが主導する木星の衛星探査計画「JUICE (JUpiter ICy moons Explorer)」に役立てられます。

 


 

 

ふうか
ふうか

JUICEのミッションではガニメデの他にカリストとエウロパを探索するぞ

しぐれ
しぐれ

残り一年だけどジュノーの観測結果も楽しみだね

 

References:NASA

コメント