古代都市

歴史

メキシコシティでアステカ時代の頭蓋骨119個を発見 征服者が恐れた「ツォンパントリ」

メキシコ国立人類学歴史研究所はメキシコシティでの発掘調査から、新たにアステカ時代の頭蓋骨119個を発見したと発表しています。頭蓋骨の壁であるツォンパントリはスペインの征服者を大いに恐怖させました。
歴史

主人と奴隷の関係か ポンペイ遺跡で見つかったヴェスヴィオ火山大噴火の犠牲者

ポンペイ考古学公園は遺跡の発掘調査から、新たに二人の男性の頭蓋骨と骨が見つかったと発表しています。ヴェスヴィオ火山の大噴火の犠牲となった二人は主人と奴隷の関係だったと考えられています。
歴史

ゴミの山は建築資材、ポンペイで見つかった組織的なリサイクルの証拠

ポンペイの町の外で発見されたゴミの山はそれらが建物の建材として再利用されていた可能性を示唆しています。ポンペイには組織的なリサイクルの仕組みが存在していました。
歴史

世界最古のチェスの駒か ヨルダンで見つかった1300年前の石片

1991年にヨルダンのフマイマで見つかった石片は世界最古のチェスの駒である可能性があります。フマイマは東西を結ぶ交易ルート上にある当時の一大都市でした。
歴史

2000年前のファーストフード店 ポンペイで見つかった「テルモポリウム」

イタリアのポンペイ考古学公園は発掘調査から当時の大衆食堂の跡を発見しています。「テルモポリウム」はファーストフードを提供するだけでなく、売春を斡旋する場所としても使われていた可能性があります。