植物

自然

気候変動と同レベルの問題 動植物を狂わせている夜間の人工的な光

夜間の照明が増えるにしたがって動植物の行動パターンに変化が起き始めています。生態系に影響を与える人工的な光は気候変動と同レベルの問題になりつつあります。
自然

森林再生のカギ 樹木の成長を促進させる菌糸ネットワーク

カナダの研究者はマツの土壌に含まれる菌根菌の分析から、地中に広がる菌糸ネットワークが樹木の成長に大きく関わっていることを明らかにしています。樹木の密接なつながりは森林再生のカギです。
自然

アムステルダムで5000匹の「イタドリマダラキジラミ」が放たれる コンクリートを突き破るイタドリ対策のため

オランダの首都アムステルダムで日本産の昆虫「イタドリマダラキジラミ」5000匹が放たれました。オランダではシーボルトが持ち込んだイタドリにより建物やコンクリートへの被害が多発しています。
自然

野生のミツバチは作物の生産に欠かせない花粉媒介者 年間で15億ドルもの価値

アメリカとカナダの131の農場での調査結果は、花粉媒介者としての野生のミツバチの役割が想定以上であることを明らかにしています。野生のミツバチは主要な作物の生産に大きな役割を果たしています。
自然

植林は本当に温暖化を防ぐ?別の目的で使われている森林回復のための助成金

アメリカの研究者は過去に行われた植林政策を分析した結果、助成金が温暖化の防止にほとんど役に立っていないことを発見しています。炭素を貯蔵できる原生林はお金を生み出す別の木に植え代わっています。
自然

現存種の3分の1が絶滅の危機 アメリカとメキシコの国境で押収されている貴重なサボテン

アメリカとメキシコの捜査官はサボテンの在来種を国外に持ち出す密輸グループを逮捕しています。貴重なサボテンはアジアやヨーロッパの愛好家向けに販売されています。
自然

ミツバチの代わりになるか シャボン玉を使った新しい受粉の方法

日本の研究者はシャボン玉を使った新しい受粉の方法を実験しています。シャボン玉による受粉は人の手による受粉とほぼ変わらない効果があります。
動物

葉に穴をあけるのはなぜ?マルハナバチの花粉を得るための戦略

マルハナバチは花の咲いていない植物に止まり葉に穴をあけることがあります。この謎の行動は開花を早めるためのマルハナバチの戦略です。
自然

常温、冷蔵どちらでも大丈夫!トマトの味は保存方法に影響されない

完熟トマトは常温、冷蔵どちらの方法で保存してもほとんど味が変わりません。ドイツの研究者による実験はトマトの味の違いが主に品種に依存していることを明らかにしています。
自然

今後50年で200億ユーロ以上の経済的損失、ヨーロッパに広がる致命的なオリーブの病気

オリーブなどの植物に感染する「ピアス病菌」は今後50年で200億ユーロ以上の経済的損失をもたらす可能性があります。根本的な治療法がない現在、急ピッチで耐性品種の研究が進められています。