気候変動

自然

人類の3分の1が住む場所を失うかも 平均気温の上昇が生活圏に与える影響

気候変動が進み地球の平均気温が上昇すると世界の人口の3分の1が住む場所を失います。今後50年で起きる変化は過去6,000年よりも大きなものになる可能性があります。
自然

解け始めている永久凍土、「スヴァールバル世界種子貯蔵庫」を脅かす温暖化の影響

ノルウェーの永久凍土に埋められている種子銀行「スヴァールバル世界種子貯蔵庫」は、近年の気温上昇により周囲の氷が解け水が内部に侵入し始めています。北極圏は温暖化の影響を最も強く受けています。
自然

冬の2倍、気候変動の影響で長くなっているオーストラリアの夏

オーストラリアのシンクタンクは直近の20年間の平均気温を調査した結果、国内の夏の日数が増加傾向にあると報告しています。温室効果ガスの排出が削減されなければ夏はさらに長くなる見込みです。
動物

カナダオオヤマネコの生息数が減少、山火事、気温上昇、雪の少なさが原因

カナダやアメリカの寒い地域に生息するカナダオオヤマネコの生息数は気候変動によって減少しつづけています。気温の上昇は山火事や雪の少なさにつながり寒冷地域に住む動物の生存を難しくさせます。
自然

年間で25億トンのCO2削減、新型ウイルスによるエネルギー需要の減少

新型コロナウイルスの蔓延による経済活動の停滞は世界のエネルギー需要を減少させるだけでなく二酸化炭素の排出量も削減しています。
自然

9,000万年前の南極は熱帯雨林、海底の地層サンプルから植物の根や花粉などの証拠

南極の海底からの地層サンプルはこの土地が9,000万年前に温暖な気候であったことを示しました。植物の根や花粉などの証拠から南極大陸には熱帯雨林が存在していた可能性があります。
自然

直近5年で3回目、グレート・バリア・リーフのサンゴを襲う白化現象

オーストラリアのグレート・バリア・リーフは今年に入り直近5年で3回目となるサンゴの白化現象に苦しめられています。専門家は気候変動による海水温の上昇を止めなければ白化の進行を遅らせることはできないと警告しています。
自然

53の国や地域で大きな効果、電気自動車とヒートポンプは温室効果ガスの排出量を削減できる

英国とオランダの研究者は電気自動車やヒートポンプの使用によってほとんどの国や地域で温室効果ガスの排出量を削減できると報告しています。化石燃料の使用を抑えることは地球環境の保全につながります。
自然

2050年までに輸送エネルギーが31%増加、気候を脅かす「富裕層」の存在

英国リーズ大学の研究者は世界の輸送エネルギーの消費が2050年までに現在より31%増加すると見込んでいます。気候変動の要因となる輸送エネルギーの増加は少数の「富裕層」によって引き起こされています。
自然

2100年までに消滅する世界のサンゴ礁、今後20年でも70~90%が白化するとの予測

ハワイの研究者は最新のシミュレーションにより世界のサンゴ礁が2100年までに消滅する可能性があると警告しています。気候変動による海水温の上昇はサンゴを白化し死滅させます。