環境

自然

クリーンエネルギーの普及に貢献、個人レベルで導入可能なオーストラリアの水中タービン

オーストラリアの企業Mako Energyは個人や地元のコミュニティでも導入可能な水中タービンを開発、販売しています。水の流れを利用したエネルギーは化石燃料に代わるクリーンエネルギーとして注目されています。
動物

可愛いは正義?外来種の定着を左右する動植物のカリスマ性

外来種の定着は見た目や生態といった動植物の持つカリスマ性に依存しています。見た目を根拠にした外来種の評価は在来種の保護を難しくさせる可能性があります。
自然

1平方メートルあたり190万個!海底で発見された過去最大量のマイクロプラスチック

地中海の海底の調査は海流の集まる場所の堆積物が大量のマイクロプラスチックを含んでいることを明らかにしています。生物多様性ホットスポットのプラスチック汚染は巡り巡って人間にも影響を与えます。
動物

50メートル以上に及ぶ影響、車の騒音はコウモリの反響定位と摂食行動を狂わせる

コウモリの生息範囲は車の出す大きな音によって分断されています。騒音は超音波で位置を知るコウモリの反響定位を狂わせ、餌をとるのを難しくさせます。
自然

細菌の緻密な生存戦略、乾いた地面に雨が降ったときの匂いの正体

乾いた地面に雨が降ったときの匂いには生態学的な意味があります。ある細菌はこの匂いによって節足動物を引き寄せ自分たちの生息域を広げるために利用しています。
歴史

アルプスの氷床コアが明らかにするトマス・ベケットの殉教とイングランドの大気汚染

1170年に起きたヘンリー2世によるトマス・ベケットの暗殺は当時のイングランドの工業が盛んになるきっかけになりました。アルプスの氷床コアに詰まっていた空気は12世紀に既に大気汚染が始まっていたことを伝えています。
自然

プラスチックの新しいリサイクル方法につながるか、ポリウレタンを食べて成長するバクテリア

ドイツの科学者は環境を汚染するプラスチック素材であるポリウレタンを食べるバクテリアを発見しています。微生物によるプラスチックの分解はリサイクルの新しい方法につながる可能性があります。
自然

53の国や地域で大きな効果、電気自動車とヒートポンプは温室効果ガスの排出量を削減できる

英国とオランダの研究者は電気自動車やヒートポンプの使用によってほとんどの国や地域で温室効果ガスの排出量を削減できると報告しています。化石燃料の使用を抑えることは地球環境の保全につながります。
動物

ペットを菜食主義にすべき?猫と犬の違いと将来有望なペットフードの素材

菜食主義への関心の高まりはペットフード業界にも及んでいます。現状飼い主はペットを菜食主義にすべきではないものの、環境にやさしいペットフードの登場がそれを可能にするかもしれません。
自然

耐久年数は100年から1,300年!海の中のレゴブロックはなかなか分解されない

イギリスの研究者は海岸で拾ったレゴブロックを分析した結果、その耐久年数が100年から1,300年であると結論づけています。海の中にあるプラスチックはゆっくりと微細な粒子であるマイクロプラスチックを放出し続けます。