生態

動物

葉に穴をあけるのはなぜ?マルハナバチの花粉を得るための戦略

マルハナバチは花の咲いていない植物に止まり葉に穴をあけることがあります。この謎の行動は開花を早めるためのマルハナバチの戦略です。
動物

不安定な愛着行動は成長の証 犬にも人間と同じような思春期がある

生後8か月前後の犬は人間の10代の若者と同じような思春期を経験します。思春期がもたらす不安定な愛着行動への理解は、捨て犬や施設に引き取られる不幸な犬を減らすことにつながります。
自然

ミツバチと同じくらい重要、蛾の花粉媒介者としての役割

イギリスの研究者は蛾がミツバチと同じくらい重要な花粉の媒介者であることを明らかにしています。夜行性の蛾は日中に活動する花粉媒介者に比べ大きな誤解を受けています。
動物

共食いしてでも生き延びる!世界の海に広がった侵略的外来種「ムネミオプシス・レイディ」

IUCNの選定する侵略的外来種でもある海洋生物「ムネミオプシス・レイディ」は冷たく餌のない海域でも生き延びることができます。彼らは自分たちの子供を食べることで厳しい環境に適応します。
動物

理由は“お腹がすいているから”、カワウソのジャグリングの謎がついに判明

カワウソがジャグリングをする理由はこれまでよくわかっていませんでした。イギリスの研究者は動物園での観察結果から、カワウソのジャグリングが空腹と関係があることを突き止めています。
動物

可愛いは正義?外来種の定着を左右する動植物のカリスマ性

外来種の定着は見た目や生態といった動植物の持つカリスマ性に依存しています。見た目を根拠にした外来種の評価は在来種の保護を難しくさせる可能性があります。
自然

「LED」を取りつけるだけ、魚の習性を利用した混獲を防ぐ方法

イギリスの研究者は混獲を防ぐための安価で効果的な方法に「LED」の使用を提案しています。LEDの光によって網にかかった魚は外に逃げることができます。
動物

南米に生息するユニークなカメ「マタマタ」に新たな種、DNA分析によって明らかに

南アメリカ大陸に広く分布しているカメ「マタマタ」は単一の種であると考えられてきました。国際的な研究チームはDNA分析によってマタマタにもう一つの種が存在していることを明らかにしています。
自然

今後30年で4分の1が消失、陸と水に住む昆虫の生息数の変化

世界中の研究結果を集めた分析は今後30年で昆虫の4分の1が消失する可能性を示唆しています。昆虫の未来を救うためには生息地の保護を含む適切な規制が必要です。
動物

火災後の生息数は50匹だけ、カメラがとらえた希少な有袋類「カンガルー島のダンナート」

オーストラリアの南に位置するカンガルー島に生息する希少な有袋類は火災の被害によって絶滅の危機に瀕しています。「カンガルー島のダンナート」の現在の生息数は推定50匹です。