生態

動物

大人の個体はゼロ 若いホホジロザメが狩りを学ぶ南アフリカの海域

南アフリカでホホジロザメを調査しているグループは、3000件以上の目撃データを分析した結果、若い個体が一定の海域に留まる傾向にあることを発見しました。ホホジロザメは成長段階に応じて狩場を選択しています。
自然

世界で人気の食材タイヘイヨウサケ 稚魚の放流により遺伝的多様性が低下

スウェーデンの川を調査しているグループは、タイヘイヨウサケの遺伝的多様性が稚魚の放流によって失われていると報告しています。養殖されたサケは野生のサケが持つ環境変化に対する適応力を奪います。
動物

タスマニアデビルの絶滅回避に希望 致命的な病気DFTDに対抗する「スタチン」

スペインとオーストラリアの科学者チームは、タスマニアデビルに特有の病気「デビル顔面腫瘍性疾患 (DFTD)」への対抗策として、コレステロールを抑制する薬「スタチン」が有効であるとする研究結果を発表しています。
動物

「肉食」と「遊び」が効果的 外に出る猫の狩りを減らす方法

愛玩動物として人気の猫は野生生物を狩ることで、生態系に大きなダメージを与えています。屋外での猫の狩りを減らすには、肉を多く含む餌と毎日の遊びが効果的です。
動物

オーストラリアの歌う鳥「キガオミツスイ」 全体の4分の1が種に固有の歌を喪失

オーストラリア南東部に生息するミツスイの一種「キガオミツスイ」は、独特の歌を歌うことで知られています。現在野生に残っているキガオミツスイの約4分の1が、種に固有の歌を忘れています。
自然

世界の半数以上の川で深刻な影響 生態系を劇的に変えるダムと外来種

生物多様性に富んだ川は、人々にきれいな水と食料をもたらしてきました。しかし現在世界の半数以上の川で、生態系の劇的な変化が起きています。原因はダムの建設、外来種、そして水質汚染です。
動物

推定年齢70歳のコアホウドリ 今年も無事にヒナを孵す

世界で最も長生きとされるアホウドリが、今年も無事にヒナを孵化させたことがわかりました。推定年齢70歳のメスのコアホウドリ「ウィズダム」はこれまでに30羽以上のヒナを育てあげています。
自然

睡眠と体内時計に悪影響 花粉媒介者を狂わせるネオニコチノイド系農薬

世界中で使用されているネオニコチノイド系農薬はハチなどの花粉媒介者を狂わせ、食料生産に大きな影響を与える可能性があります。ネオニコチノイドは昆虫の睡眠時間を減らし花粉を得る機会を奪います。
動物

他の捕食者の20倍以上 オーストラリアの野良猫が固有種に与える脅威

オーストラリアの固有種は外来種である猫に殺されています。固有種にとって国内に生息する2000万匹の野良猫は、在来の捕食者よりも少なくとも20倍以上危険な存在です。
動物

原因は飢餓による衰弱 アメリカ南西部で起きた渡り鳥の大量死

2020年9月にアメリカ南西部で発生した渡り鳥の大量死は飢餓による衰弱が原因でした。科学者は異常気象による乾燥とそれに伴う山火事が渡り鳥の行動に影響を与えたと指摘しています。