自然

1日あたり約200個!カワガラスの獲物に含まれているマイクロプラスチック

カワガラスは餌となる水中生物を捕食するたびにマイクロプラスチックを摂取しています。川のプラスチック汚染は食物連鎖を通して生態系を静かに破壊していきます。
動物

仲間の存在こそ長生きの秘訣!フラミンゴの群れは仲良しグループの集まりでできている

フラミンゴの群れは数羽からなる仲の良いグループの集まりでできています。仲間との絆は長期間におよび、それは群れ全体の生存にも大きな役割を果たします。
歴史

どこからやってきた?大英博物館に展示されているダチョウの卵の謎

大英博物館に展示されている装飾の施されたダチョウの卵の起源は長い間謎のままでした。殻の同位体分析の結果はこれらが北アフリカとレバントからのものであることを示しています。
動物

ニュージーランドの飛べないオウム「カカポ」を絶滅から救うプロジェクト「カカポ・リカバリー」

ニュージーランドに固有の飛べないオウムである「カカポ」は絶滅の危機に瀕しています。政府は「カカポ・リカバリー」と呼ばれるプロジェクトで種の保全に努めています。
動物

鳥類では初めての確認、確率に基づき意思決定するニュージーランドの固有種「ミヤマオウム」

ニュージーランドに固有のオウムの一種「ミヤマオウム」は複数の情報を元に確率に基づいた意思決定を行うことができます。人間の持つような確率の理解が鳥類で確認されるのは初めてのことです。
自然

ハチドリほどの大きさ、琥珀の中から見つかった9,900万年前の恐竜「オクルデンタビス」

アメリカや中国などの国際的な科学者チームはミャンマーで発見された琥珀から世界最小の恐竜を発見したと報告しています。「オクルデンタビス」は従来の進化の常識から外れたユニークな恐竜です。
動物

バッタの被害を食い止める“生物兵器”、中国が10万羽のアヒルをパキスタンに派遣

中国政府は大量発生したバッタの被害に苦しむパキスタンに10万羽のアヒルを派遣すると発表しています。一日に200匹以上のバッタを食べるアヒルは自然に優しい生物兵器としてその活躍が期待されています。
動物

人が触った食べ物は安心!カモメが都市環境に順応できた理由

英国の研究者は都市部に生息しているセグロカモメに対して実験を行い、カモメが人間の触れた食べ物により反応することを発見しました。人の多い環境にカモメが順応できた理由はその鋭い観察力にあります。
動物

人間の視線が苦手、カモメの行動は見られることで遅くなる

イギリスの研究者たちは都市部で繁殖しゴミなどをあさるセグロカモメが人間の視線に弱いことを発見しています。じっと見つめれば食べ物が奪われるのを防ぐことができます。
自然

北極圏にまで及ぶ海洋汚染 カモメの卵から検出されたプラスチックの成分

北極圏のカモメの卵からプラスチックの成分が検出されています。プラスチックは世界の海を侵略しいまや北極圏にまで魔の手を伸ばしています。