歴史

歴史

ユスティニアヌスのペストの被害は過大評価、ペストの大流行は東ローマ帝国衰退の原因ではない

東ローマ帝国を衰退させた原因として挙げられる「ユスティニアヌスのペスト」の大流行は、実際にはそれほど多くの人の命を奪っていなかった可能性があります。新しい研究は歴史の再検証の必要性を示しています。
歴史

チチカカ湖の太陽の島はインカ帝国よりもずっと前からティワナクの中心地だった

チチカカ湖にある太陽の島はインカ帝国の発祥の地として知られています。2013年に行われた湖底の調査は、この場所がインカ帝国よりもずっと前からティワナクの中心地であったことを明らかにしています。
歴史

世界最古のチェスの駒?1,300年前の石片がルークである可能性

1991年にヨルダンのフマイマ遺跡で発掘された石片が世界最古のチェスの駒である可能性が出てきました。発掘した考古学者は、それが1,300年前のものであり現存するチェスの駒で最も古いものであるとしています。
歴史

エジプトで複数の動物のミイラを発見、珍しいライオンの子供のミイラも

エジプトのサッカラにあるネクロポリスでライオンの子供のミイラを含む複数の動物の副葬品が発見されました。専門家は動物ミイラにおける最もエキサイティングな発見だとしています。
歴史

“20世紀を発明した男”二コラ・テスラ、現代に受け継がれる発明と遺産

20世紀を代表する発明家でありながら、エジソンとの確執や奇抜な言動など生前は何かと負のイメージで語られていた印象のある二コラ・テスラ。彼の残した現代へと続く発明と遺産を振り返ります。
歴史

墓の下にもう一つの墓――ヴァイキングの奇妙な埋葬の謎

新たに発見されたヴァイキング時代の墓は調査の結果、その下に重ねてもう一つの墓があることがわかりました。考古学者は当時の財産権がこの奇妙な埋葬方法に関係していると考えています。
歴史

ナスカの地上絵143点を新たに発見!AI技術が分布図の作成や保護活動に貢献

山形大学の研究チームはペルーのナスカ台地で新たな地上絵143点を発見したと発表しました。発見に使われたAI技術は新たな地上絵の発見だけでなく、破壊が進むこの地域の保護にも貢献する可能性があります。
歴史

過去1世紀で最も重要な発見、エジプトのネクロポリスで発見された手付かずの棺とミイラ

エジプト考古省はルクソールにあるネクロポリスで30近くの手付かずの棺を発見したと発表しました。盗掘されずに3,000年も土の中にいた棺は今でもまばゆいばかりの輝きを放っています。
歴史

レオナルド・ダ・ヴィンチの幻のアーチ橋が3D技術で再現される

ルネサンス期の芸術家であり数多くの発明を世に残した希代の天才レオナルド・ダ・ヴィンチは、橋の建設においても十二分にその才能を発揮しました。
歴史

ヴェスヴィオの噴火で灰に埋もれた炭化した古文書を解読するプロジェクト

西暦79年に噴火したヴェスヴィオ火山はふもとのポンペイやヘルクラネウムの町を一瞬にして灰の中に閉じ込めました。発掘された多くの炭化した文書を解明するために最新施設と機械学習が取り入れられています。