宇宙

宇宙

月や火星での住居問題を解決する斬新な研究が進行中、真菌で作られた“生きた家”

NASAのエイムズ研究センターは月や火星での住居問題を解決する画期的な研究を行っています。真菌は宇宙飛行士を有害な宇宙線から守り安価で持続的な住居の提供に貢献します。
宇宙

地球上で最も古い物質を発見、隕石に含まれていた70億年前のプレソーラー粒子

オーストラリアで発見されたマーチソン隕石には宇宙の記憶が眠っています。隕石に含まれていたプレソーラー粒子は地球や太陽が形成されるよりも前から存在していました。
宇宙

「エンケラドゥスに戻る必要がある」、ボイジャー計画に携わったベテラン科学者の思い

ボイジャー計画に携わったベテラン科学者エド・ストーン氏は土星の衛星である「エンケラドゥス」に再び探査機を送ることを望んでいます。ボイジャー2号によって初めて観測されたエンケラドゥスには生命が存在している可能性があります。
宇宙

生命が存在している可能性のある星を新たに発見!100光年先のかじき座にある「TOI 700d」

NASAの宇宙望遠鏡TESSが発見したかじき座の星「TOI 700d」は生命が存在している星である可能性があります。地球から100光年離れたこの星は「ジェイムズ・ウェッブ宇宙望遠鏡」でさらに調査される予定です。
宇宙

人類が火星に到達するのはいつ頃?3つの推進システムと乗り越えなければならない壁

火星は地球との往復に3年近くかかる距離にあるため、そこでの活動には地球からの大量の物資を運ぶための運搬技術が不可欠です。現在科学者は化学ロケットに代わる推進システムを検討し始めています。
宇宙

オリオン座のベテルギウスの明るさが急激に低下、超新星爆発の前兆である可能性も

夜空にひときわ輝くオリオン座のベテルギウスの明るさが最近になって急激に低下していることがわかりました。天文学者はベテルギウスが超新星の段階に入りつつあるかもしれないと指摘しています。
宇宙

ExoMarsに黄信号、ESAが着陸機のパラシュートに関しNASAに助けを求める

ESAとロシアの企業が合同で進めている火星探査計画「ExoMars」の2回目の打ち上げが2020年の夏に迫っているなか、着陸機のパラシュートがいまだ実用に耐える作りとなっていません。ESAはNASAに助けを求めています。
宇宙

「パーカー・ソーラー・プローブ」が太陽風の謎の一部を解明、コロナや太陽に関する新たな発見も

NASAの無人太陽探査機「パーカー・ソーラー・プローブ」が3回の接近を終えデータを地球に送り返しています。そこには太陽風やコロナなど太陽周辺で起きる現象についての新たな事実が含まれています。
宇宙

NASAが着陸に失敗したインドの月着陸船を発見、インド人エンジニアの協力も

9月に月軌道に入ったチャンドラヤーン2号が月面に向けて投下した着陸船ヴィクラムは、残念ながら到着寸前で連絡を絶ちました。先日NASAはヴィクラムの残骸をインド人の協力のもと発見したと発表しました。
宇宙

木星の衛星エウロパで水蒸気を確認、生命存在の可能性により近づく

NASAの科学者は木星の衛星エウロパの地表に噴出するものの中に水蒸気が含まれていることを発見しました。水蒸気はエウロパに液体の水と生命が存在する可能性を示唆しています。