宇宙

宇宙

スペースXの有人宇宙船「クルードラゴン」が無事地球に帰還 民間初の快挙

5月に打ち上げられたスペースXの有人宇宙船「クルードラゴン」が2人の宇宙飛行士とともに無事地球に帰還しました。ミッションの成功は民間企業が宇宙開発事業に参入していく未来を象徴するものです。
宇宙

数千光年先で羽ばたく「宇宙の蝶」 ESOの超大型望遠鏡が撮影

ヨーロッパ南天天文台(ESO)の超大型望遠鏡が地球から数千光年離れた「宇宙の蝶」を撮影しています。赤と青のカラフルな蝶は恒星の最後の輝きです。
宇宙

60万年ぶりに故郷へ!NASAの火星探査機パーセヴェランスに搭載される隕石の破片

NASAの火星探査機パーセヴェランスにはかつて火星に存在していた石の破片が積まれています。「SaU 008」は生命の痕跡を探すパーセヴェランスのミッションに大きな役割を果たします。
宇宙

初観測、木星探査機ジュノーがとらえた「ガニメデ」の北極

NASAの木星探査機ジュノーは最大の衛星であるガニメデを撮影し、北極地域が他とは異なる地形であることを発見しています。ガニメデの極は太陽からのプラズマの影響を大きく受けています。
宇宙

中東初の快挙、UAEの火星探査機「HOPE」が打ち上げに成功

7月20日、中東諸国初となるUAEの火星探査機「HOPE」が種子島宇宙センターから打ち上げられました。飛行が順調に進めば建国50周年となる2021年2月に火星に到着します。
宇宙

これまでで最も近い太陽の写真 ソーラー・オービターが撮影した表面の爆発「キャンプファイヤー」

ESAとNASAの太陽観測機ソーラー・オービターがこれまでで最も近い距離から太陽を撮影しています。太陽の表面で起きている「キャンプファイヤー」と呼ばれる爆発は上空との温度差を説明するカギになるかもしれません。
宇宙

次に見れるのは6,800年後!ここ数十年で最も明るい彗星「ネオワイズ彗星」が接近中

NASAの宇宙望遠鏡が3月に発見した「ネオワイズ彗星」が太陽の側を通り過ぎ地球に接近しています。ここ数十年で最も明るい彗星は7月から8月にかけて肉眼でも見ることができます。
宇宙

ESAとNASAの地球観測衛星が共同ミッション 氷の大きさと積雪量を正確に測る「Cryo2Ice」

ESAとNASAは運用している地球観測衛星を使った共同ミッションを発表しています。北極や南極の氷の大きさと積雪量を正確に把握することは温暖化の影響を理解するのに欠かせません。
宇宙

パーセヴェランスとの共同作業へ ESAが開発を急ぐ火星探査車「フェッチ・ローバー」

ESAとエアバスはNASAの火星探査車パーセヴェランスを補佐するローバーを急ピッチで製作しています。フェッチ・ローバーはパーセヴェランスの収集したサンプルを着陸船に持ち帰る任務に従事します。
宇宙

火星の砂嵐の影響 キュリオシティが撮影した暗すぎる地球と金星

NASAの火星探査車キュリオシティが撮影した地球と金星は火星特有の砂嵐の影響により視認できないほど暗くなっています。火星の塵を含んだ大気は空を明るくさせ星を見えにくくします。