宇宙

宇宙

探査機が到達した最も遠い天体「ウルティマ・トゥーレ」の正式名称が「アロコス」に

探査機ニューホライズンズが冥王星の調査の後に向かったカイパーベルト天体「ウルティマ・トゥーレ」は正式に「アロコス(Arrokoth)」という名前になりました。
宇宙

約50年ぶりに開封されるアポロ17号が持ち帰った月の土壌サンプル

NASAは11月5日、アポロ17号が地球に持ち帰りこれまで封印していた月面の土壌サンプルの一部を公開しました。当時の技術では不可能だった科学分析を行うことで将来の月探索ミッションに役立てたい考えです。
宇宙

太陽圏を越え星間空間に突入した2機のボイジャー探査機、その歴史的偉業と未来

NASAの無人探査機ボイジャー2号が太陽圏を脱出して1年近くがたちました。科学者たちは2機のボイジャーたちが成し遂げた偉業とそれが今後の宇宙開発にもたらす影響について改めて称賛しています。
宇宙

月の南極を調査し“水源マップ”を作成するNASAの月面探査車「VIPER(バイパー)」

NASAは月に再び人類を送るアルテミス計画の一環として、月の南極にある水源を調査するための探査車「VIPER」をテストしています。VIPERは月の水源マップを作成することで人類の月面での活動に貢献します。
宇宙

太陽風の謎を解き明かす!ESAの太陽観測衛星「SolO」が打ち上げに向けた最終調整を完了

ESA(欧州宇宙機関)は2020年2月に打ち上げ予定の太陽観測衛星「SolO」の最終調整を完了したと報告しました。SolOには太陽の極に近づき太陽風の仕組みを解明するための様々な設計が施されています。
宇宙

“移住するつもりはない”――ノーベル物理学賞受賞の天文学者、太陽系外惑星について語る

2019年のノーベル物理学賞を受賞した天文学者ミシェル・マイヨール氏は居住可能とされる太陽系外惑星について「そこに住むつもりはない」と述べ、人類はもっと地球を大切にすべきだと説きました。
宇宙

アルテミス計画へ向けた新たな宇宙服「xEMU」がお披露目

NASAは2024年までに人類を月に送るアルテミス計画で使用する新しい宇宙服を発表しました。アポロ計画の頃と比べ格段にアップした柔軟性は宇宙飛行士の月面での作業を助けます。
宇宙

ISSで細胞から培養した“宇宙牛肉”が作られる、将来の食糧問題の解決にもつながる可能性

イスラエルの企業は国際宇宙ステーションで細胞から培養した牛肉を作り出すことに成功しています。地球の資源を守ることにつながる“宇宙牛肉”は将来の食糧問題を解決に導く可能性があります。
宇宙

火星探査機インサイトの地震計「SEIS」、またも地震の音をキャッチ!

火星探査機インサイトに搭載され現在活動している地震計「SEIS」は、今年の3月と4月に引き続き、再び火星内部の地震の音を捉えることに成功しています。
宇宙

土星の衛星タイタンの探査機「ドラゴンフライ」に搭載される自律式探索ロボット「シェイプシフター」

NASAのJPLの科学者たちは土星の衛星タイタンを探索する予定の着陸機に複数の自律型ロボットを投入するべく研究と実験を続けています。地形や環境に応じて変身するロボットはシェイプシフターと呼ばれています。