歴史

歴史

たった一人で作り上げた偽物 スコットランドで見つかったストーンサークル

スコットランドのアバディーンシャー評議会は最近発見された珍しいストーンサークルが偽物であったと発表しています。ストーンサークルは土地の所有者が一人で作り上げた精巧なレプリカでした。
歴史

ヴァイキングと北欧の神々、その意外な関係性

中世ヨーロッパに大きな影響を及ぼしたヴァイキングですが、彼らの残したサーガや詩などから意外な神話との関わりが明らかになってきました。粗暴なイメージのあるヴァイキングの考え方や信念に新解釈がうまれています。
歴史

モナリザと目が合うのは気のせいだったことが判明

レオナルド・ダ・ヴィンチの有名絵画「モナリザ」ですが昔から様々な謎が語り継がれてきました。その一つが、どこにいてもモナリザがこちらを見ている、というものです。ドイツの研究者がこの謎を解くべくある研究を行いました。
歴史

海岸で発見された謎の物体、正体は船の墓場からたどり着いた17世紀の手りゅう弾

英国コーンウォールにあるリザード半島の海岸で見つかった奇妙な形の岩は17世紀の手りゅう弾でした。船の墓場として知られるこの海域では数多くの遺物が発見されています。
歴史

タイタニック号の発見は偶然の産物、真の目的は沈没した原子力潜水艦を見つけることにあった

1985年のタイタニック号発見の裏には知られざるエピソードがあります。冷戦当時のアメリカ海軍はソ連に情報が洩れるのを防ぐため沈没した2隻の原子力潜水艦を探していました。
歴史

再評価の動き、人類の滅亡を予測した50年前のプログラム「World1」

1972年にMITの研究者によって作られたシミュレーションプログラム「World1」は、2020年の人類の滅亡を含む様々な未来予測を行いました。50年近くたちWorld1の示した未来について改めて関心が高まっています。
歴史

ポンペイ遺跡で発見されたエロティックなフレスコ画には隠された意味があった

先日ポンペイ遺跡で見つかったフレスコ画。白鳥と女性のエロティックなこのフレスコ画が持つ隠された意味と、当時のポンペイからルネサンス時代、そして現代に至るまでの芸術表現としてのエロスについて迫ります。
歴史

エジプトのミイラは種類が豊富!猫やワニ、羊やフンコロガシまで!

エジプトのサッカラで猫や珍しいスカラベのミイラが多数発見されました。ミイラと言えばツタンカーメンなど人間が対象と思われがちですが、古代エジプトには様々な種類のミイラが作られました。なぜ身近な動物がミイラとして葬られたのか、その歴史を調べてみます。