古代エジプトには歯医者がいた?見つかった女性の歯から2つの摩耗の跡

歴史
Nancy C.Lovell,Kimberley E.Palichuk/University of Alberta

考古学者たちが遺跡から発掘するものには当時の生活や文化を想像させる様々なものがあります。

人間の骨もそのうちの一つですがそれだけではなかなかわからないのが、彼らがどんな職業についていたのか、という部分です。

石碑や文章で残るような権力者ならまだしも、名前も知らない多くの人達が何をして生計を立てていたのかを骨から特定するのは難しい作業です。

 

ピラミッドでおなじみの古代エジプトの時代に今ほど多くの職業があったとは考えにくいですが、今回発見された遺骨は当時の職業が私たちが思っている以上に広範だった可能性を示しています。

4000年以上前のエジプトには、歯の治療をする専門家がいたかもしれません。

スポンサーリンク

 

たった一人の女性の歯だけが2つの摩耗パターンを持っていた

 

カナダのアルバータ大学のNancy C.Lovell氏を中心とした研究チームは、古代エジプトの都市メンデスで発掘された多くの人骨の中から非常に特徴的な形状の歯を発見しました。

見つかった歯は一人の女性のもので全部で24本あり、そのうちの16本には2つのパターンの摩耗がありました。

埋葬地から発見された1070本の歯のうちこの女性の歯だけが特別な摩耗パターンを持っていることは研究チームにとって驚きの結果です。

 

当時エジプトの女性が就いていた職業は7つしかないと考えられています。

それは、巫女、歌手、音楽家、ダンサー、会葬者(当時のエジプトには葬儀に参列することで報酬をもらう仕事がありました)、貴族の工房で衣服や装飾品などを作る職人、そして助産師の7つです。

この中で衣服や装飾品をつくる職人は、その職業柄、歯が摩耗することが考えられます。

エジプトだけでなく古代の職人は、製品の原料となる葦などの植物を自分の歯を使って削り取っていました。

これらの職人の残した歯には摩耗が見られることがわかっています。

 

エジプトでは製品を作る際に使われる材料はパピルスでした。

職人はパピルスの固い外側の皮を自分の歯を使って剥がします。

パピルスの皮は、輸送用の箱や入れ物のかご、サンダルやカーテン、フロアマット、そして薪など様々な用途に用いられました。(内側の部分は紙として利用されました)

 

しかし今回見つかった女性には、歯の摩耗パターンが2つありました。

もし彼女が職人であり歯を酷使していたとしても、それ以外の別の要因も歯の摩耗に関連があることになります。

 

研究者は謎に迫るため走査電子顕微鏡(SEM)を使って詳細を調べました。

そこで判明したのは前歯の先の部分だけでなく根本の部分にも摩耗の跡があることでした。

研究者はこの結果から、彼女が誰か別の専門家によって歯の世話を受けていたのではないかと考えています。

 

古代エジプトの職人は歯の治療を受けていたかもしれない

 

古代エジプト人がどのような歯科衛生状態にあったのかは定かではありません。

しかしこれまで見つかっている多くの歯は、彼らがプラークや歯周病、歯の喪失といった問題を日常的に抱えていたことを明らかにしています。

 

2つの摩耗パターンをもつ女性はアラバスターの容器、青銅色の鏡、化粧品や金箔の施された装飾品などに囲まれた棺の中で発見されました。

研究者はこうした状況から、この女性が装飾品を作る技術を持った専門家であり、仕事をするうえで歯の奥に残った植物の残滓を取り除くために定期的な歯の清掃を受けていたのではないかと推論しています。

また歯の痛みを和らげるために鎮痛剤を塗布されていた可能性があるとも述べています。

 

 

 


 

もし古代エジプトに歯医者がいたとして彼らがどのような治療をしたのかは分かりませんが、少なくともこの女性は自分以外の誰かに歯を見てもらっていたことだけは確かです。

また豪華な棺に納められていたことから、当時の職人が貴族や王たちにとってとても大事な存在であったことがうかがわれます。

 

一方で普通の人たちは虫歯や歯の病気を抱えていました。

現代に生きる私たちは職人でなくとも歯を磨くことができます。

「歯は命」と誰かが言っていましたが、末永く美味しいものを食べるためにも歯は大事にしていきたいものですね。

 

 

References:ScienceAlert

歴史
スポンサーリンク
しぐれをフォローする
しぐれちゃんねる

コメント