50数年ぶりに一般公開される屈折ピラミッド、クフ王の大ピラミッドにつながる重要な構造物

歴史
Image:Ministry of Antiquities-Arab Republic of Egypt

エジプト考古省は7月13日、ギザの大ピラミッドで有名なクフ王の父親であるスネフェル(Sneferu)の建設した「屈折ピラミッド」を50数年ぶりに一般公開すると発表しました。

屈折ピラミッドはその外観が示すように、途中で角度が変わっている珍しいピラミッドです。

1956年に発掘調査が開始されて以来、隣接するスネフェルの妻のものとされる“サイドピラミッド”を含めた数多くの発掘がなされてきましたが、1965年に修復作業のため、ビラミッドは長い間閉鎖されてきました。

今回ようやく修復作業を終えて一般に公開されるに至った経緯には、2011年に起きたエジプト政府に対するテロによる影響で観光収入が打撃を受け続けていることが挙げられます。

エジプト考古省は今回の屈折ピラミッドの一般公開を含め、エジプトの歴史的な魅力を世界に発信することで観光客を取り戻す努力を続けています。

 

 

スポンサーリンク

 

屈折ピラミッドの形状はギザの大ピラミッドにつながる重要な起点

 

屈折ピラミッドはどうしてこのような形状になったのでしょうか。

屈折ピラミッドは地面から最初の49mが約54度の傾斜で作られ、そこから上の部分は約43度の傾斜となっています。

理由については諸説ありますが、エジプト考古最高評議会のMostafa Waziri氏は、ピラミッドの建設中に構造物にヒビが入ったことが原因ではないか、と指摘しています。

それまでのピラミッドはいわゆる“階段ピラミッド”と呼ばれる形状のものでした。

その後ファラオたちの心境の変化なのかはわかりませんが、ピラミッドの形状をよりなめらかに直線的にする試みがなされました。

しかし当初は技術的な問題や計算上の誤差などがあったと考えられ、ピラミッドの下部と上部とのバランスがとれず、仕方なく傾斜角をゆるやかにしなければなりませんでした。

 

そうしてできた屈折ピラミッドですが、これはスネフェルがその生涯に作った5つのピラミッドのうちの4番目にあたります。

そして5番目にあたるピラミッド「赤いピラミッド」は、息子であるクフ王が作ったようなピラミッドの原型ともいえる形をもっています。

 

スネフェルの建設した5番目のピラミッド“赤いピラミッド” Image by lapping fromPixabay

 

屈折ピラミッドのすぐそばにある赤いピラミッドは、美しい二等辺三角形をもつ真正ピラミッドで、クフ王を始めとした後のファラオのピラミッド建設に大きな影響を与えることとなります。

屈折ピラミッドは、私たちがよく知り、連想するピラミッドの形のいわば基礎となった、ピラミッド建設の歴史における重要な建造物であると言えます。

 


 

考古省の発表では、屈折ピラミッドからはスネフェルが埋葬されている場所は特定できていません。

しかしいくつもの埋葬品、ミイラ、仮面、道具、棺桶などを発見していて、またピラミッドの周囲からは、4000年前の中王国にまでさかのぼる古代の壁の遺跡も発見したということです。

 

50年以上にわたる修復作業では、ピラミッド内外の階段を取り付けたり、照明ネットワークの追加、廊下や埋葬室の修復などが行われました。

観光客はピラミッドの内部にある2つの部屋まで、78mのトンネルを使って歩くことができるということです。

またスネフェルの妻であるヘテプヘレス1世(Hetepheres I)のために建てられた高さ18mのピラミッドにも入ることができます。

 

 

 


 

50年以上発掘調査をしてもまだわからないところがたくさんあるというのが、エジプト文明の歴史と奥深さを表しています。

屈折ピラミッドは世界遺産にも登録されています。

なかなか機会はありませんが、一度は訪れてみたい場所の一つですね。

 

 

References:LiveScience,TheGuardian

歴史
スポンサーリンク
しぐれをフォローする
しぐれちゃんねる

コメント