「E3 2020」の中止を受け、マイクロソフトやUbisoftが独自のイベントを開催する方針を明らかに

ゲーム
Ⓒ Microsoft/Ubisoft

新型コロナウイルスの影響により「E3 2020」の開催が中止されたのを受け、出展予定であったメーカーが独自のイベントを行うことを明らかにしています。

E3を運営するESA(Entertainment Software Association)は現地時間3月11日の朝、6月9日からロサンゼルスで開催予定であったゲームイベント「E3 2020」を中止すると発表しました

ESAは声明のなかで、ゲームに関する新しい情報を発信するためにインターネットでのイベントを計画しているとしましたが、いくつかのメーカーは既に独自のデジタルイベントを開くことを決定しています。

 

スポンサーリンク

 

Xboxの責任者であるフィル・スペンサー氏はESAの発表後すぐにツイッターを更新し、「E3は常にXboxにとって重要な瞬間でした」と前置きしたうえで、今年発売される新ハードやゲームについては、独自のデジタルイベントを開催しそこで発表を行うと述べました。

 

 

また毎年E3で自前のブースを展開しゲームを紹介しているUbisoftもツイッターで、「チーム、プレイヤー、パートナーの健康と幸福は我々の最優先事項であり、E3の決定を全面的に支持する」と述べ、ゲーム情報を共有するための機会については、デジタルイベントなどを通じて行うことを検討中であると明らかにしました。

 

 

「E3 2020」中止の決定は他の主要なメーカーにも影響を与えています。

Electronic ArtsはPolygonからの問いに対し、現在新型ウイルスの動向を注視しており、E3で行う予定であったファンイベント「EA PLAY 2020」の計画を、どう変更するのかを検討中であると回答しています。

また任天堂は「今年のE3をキャンセルするというESAの決定をサポートする」と声明を出しましたが、E3に代わる情報公開の場については言及しませんでした。

任天堂はインターネット放送「ニンテンドーダイレクト」で定期的に情報を発信しているため、E3で公開を予定していた分については代替放送が行われるかもしれません。

 

ホリデーシーズンにPlayStation 5の発売を控えるソニーは、昨年に引き続きE3に参加しないことを表明していたため、今回の「E3 2020」中止に関しては特にコメントを出していません。

 

 

Source:Polygon

コメント