コードネーム「Morrison」――新しいDragon Ageが歩む苦難の道のり

ゲーム

今年Anthemを発表しスタジオが培ってきたRPGの遺伝子を新しい形で見せたBioWareですが、人気シリーズであるDragon Ageについてはまだはっきりとした情報を出していません。

昨年12月に前触れもなくティーザー映像が発表されましたがゲーム内容について詳しいことは不明なままです。

 

Anthemの次は当然Dragon Ageだろうとファンの多くが期待していますが、今回Kotakuが発表したレポートによると、Dragon Age4が世に出るにはしばらく時間がかかりそうな気配です。

 

Dragon Ageの新作に向けたBioWareとスタッフ、そして親会社のEAそれぞれの思惑が交差するゲーム開発の裏側をみていきます。

スポンサーリンク

 

Dragon Age:Inquisitionは猛烈な追い込みでようやく完成した

 

© Electronic Arts Inc.

 

KotakuのJason Schreier氏がBioWareのスタッフと話をし、2014年の前作Dragon Age:Inquisitionの発売からいままでの動きについての詳細を明らかにしています。

 

レポートによるとInquisitionがそもそもかなりの難産でした。

それはプラットフォームが5つ(PC、PS3、PS4、XboxOne、Xbox360)に及ぶこと、チームが初めて使用するFrostbiteエンジンの技術的な問題、マルチプレイヤーモードの追加などその問題は多岐に渡ります。

ゲームは多くの賞をとりましたが、スタッフによるとInquisitionの完成は彼らが「BioWareマジック」と(皮肉をこめて)呼ぶものの産物でした。

デザインとメインストーリーの大部分は開発の最終年にようやく完成し、多くのスタッフが時間に追われストレスを抱えることになりました。

Inquisitionの発売後スタッフ全員はBioWareマジックによって“燃え尽き”ましたが、クリエイティブディレクターのMike Laidlaw氏とエグゼクティブプロデューサーのMark Darrah氏は次のプロジェクトではこのような間違いを犯さずスタッフに負荷をかけたくないとスタッフをねぎらいます。

そして明示的で一貫したビジョンを示し効率的な方法でスタッフに伝達する方法に焦点を当てると述べました。

 

このやりとりから、Inquisitionの制作チームがうまく連携がとれずそれが開発終盤の追い込みを招いたことがわかります。

 

結局その後しばらくしてInquisitionに関わったDragon Ageチームは解散し、スタッフの多くは当時(これまた)問題を抱えていたMass Effect:Andromedaに移動しました。

そしてDarrah氏やLaidlaw氏を含む数十人の開発者が次のDragon Ageプロジェクトであるコードネーム「Joplin」を立ち上げます。

 

しかしこのJoplinにも困難が待ち構えていました。

 

新しいDragon Ageプロジェクト「Joplin」とEAの思惑

 

© Electronic Arts Inc.

 

Joplinの初期の開発はInquisitionの下地があったため順調でした。

関わったスタッフはJoplinを高く評価し、前作で陥ったスタッフ間での伝達の滞りもうまく回避されていました。

 

開発に携わったスタッフの一人はJoplinを「過去最高の実務経験」と呼んでいます。

ゲームは過去のものに比べると狭い範囲を対象にしていましたがその分多くの選択肢があったといいます。

彼はそれを非常にクールなゲームだったと語りましたが、同時にそれが決して作られることがないのを残念に思うとも述べました。

 

Joplinが日の目を見ることがなくなったのは、先述した問題のゲームMass Effect:Andromedaにありました。

BioWareは問題に対処するために先にAndromedaに加わったDragon Ageのスタッフだけでなく、Joplinのスタッフもそこに加えました。

 

2017年3月にようやくAndromedaが発売されるとJoplinのスタッフは再びプロジェクトに戻りました。

しかし今度は別の問題が起こります。

それはBioWareの親会社であるElectronic Artsが、自社製品の全てを「サービスとしてのゲーム」にするという方針を打ち立てたことでした。

 

Dragon Ageは伝統的にシングルプレイヤーRPGです。
(Inquisitionにもマルチプレイヤーはありましたが評価の分かれるものでした)

EAが他の売れているゲーム――FIFAやBattlefields――と比べシングル寄りのゲームが得意なBioWareの作品を冷遇するのは想像に難くありません。

 

ちょうどそのころ別のスタッフで制作されていた次回作Anthemは暗礁に乗り上げそうになっている状況でした。

スタジオが何か劇的なことをしない限り発売にこぎつけることはないと判断したEAは、2017年10月にMass Effectのディレクター、Casey Hudson氏をゼネラルマネージャーにさせ、Joplinをキャンセルし、スタッフの多くを退職させました。

 

EAはBioWareのDragon Ageプロジェクトを見捨てたわけではありません。

しかしこれまでJoplinに費やされた2年もの歳月と開発費のことも忘れてはいませんでした。

 

EAの方針であるライブサービスのためのDragon Age「Morrison」が始動

 

EAはAnthemで使用されたツールとコードをベースとした新しいDragon Ageの制作を許可します。

それはコードネーム「Morrison」と呼ばれています。

そして開発にはいくつかの条件がありそのなかで最も大事な部分はEAがモットーに掲げている「サービスとしてのゲーム」です。

つまり新しいDragon Ageは伝統的なシングルプレイヤーRPGにはなり得ないということです。

 

Morrisonは長期のゲームプレイと収益のために構築されたライブサービスを念頭に開発されています。

開発者の一人が“非常にクール”と語ったJoplinのビジョンがどの程度Morrisonに受け継がれているのかは分かりません。

リブートの直後クリエイティブディレクターのMike Laidlaw氏はスタジオを去り(現在はUbisoftに在籍)、InquisitionとJoplinのアートディレクターを務めたMatt Goldman氏がクリエイティブディレクターを引き継ぎました。

 

2018年の初頭に次のDragon Ageがライブサービスゲームになると発表されたとき、多くのファンは不満と混乱と怒りの声をあげました。

スタジオのゼネラルマネージャーはTwitterで、新しいDragon Ageがストーリーとキャラクターを中心に据えていることを強調しファンをなだめました。

そして詳細について話すには早すぎるが「ライブサービス」の部分については、メインストーリー後のプレイを可能にするよう設計していると報告しました。

 

いずれにしても新しいDragon Ageがどのようなゲームになるのかについて語るのは時期尚早です。

Morrisonの開発スタッフの一人は「これが今後2年間で5回変化するのを私は知っています」と語りました。

この5回の変化というのが、スタッフ間の問題に端を発する「BioWareマジック」なのか、親会社であるEAの方針によるものなのかは分かりません。

 

Kotakuの報告ではAnthemの開発によって起きた長期間の労働や、うつ病、不安といった精神的障害についてEAとBioWareの上層部は、それについてほとんど気にしないとする内容を発表し従業員を失望させています。

その後BioWareを働きやすい職場にする、とのメッセージが従業員全員に送られましたが問題が解決するには長い時間がかかるかもしれません。

 

 

 


 

BioWareの次のDragon Ageを巡る一連の動きは、開発費の高騰やプレイヤーの好むジャンルの変遷、親会社の思惑など、現在の開発スタジオが抱える問題を浮き彫りにしています。

Dragon Age4の発売は思っている以上に先のことになりそうですが、スタッフが問題を解決し良いものを作れることを願います。

 

 

Source:Kotaku

ゲーム
スポンサーリンク
しぐれをフォローする
しぐれちゃんねる

コメント