「Fallout」の映像化が正式発表!製作は「ウエストワールド」を手掛けたKilter Films

ゲーム
© 2020 Bethesda Softworks

ベセスダソフトワークスの人気RPGシリーズ「Fallout」がAmazon Studiosによって映像化されることが明らかになっています。

製作はHBOで放映されたSFドラマ「ウエストワールド」を手掛けた、ジョナサン・ノーラン氏とリサ・ジョイ氏率いるKilter Filmsが行います。

 

1997年に始まったFalloutシリーズは、現在までに多くのゲームと熱狂的なフォロワーを生み出した人気フランチャイズで、映像化については過去に、ベセスダゲームスタジオのディレクターであるトッド・ハワード氏が言及したこともありました。

 

 

映像化についてノーラン氏は、「フォールアウトは史上最高のゲームシリーズの一つだ」と述べ、「この巨大で破壊的で、暗くて面白い宇宙に命を吹き込むために、トッド・ハワードやベセスダと手を組むことにとても興奮している」と付け加えました。

またAmazon StudiosのCOOであるアルバート・チェン氏は、「フォールアウトは象徴的なグローバルフランチャイズであり、多くのファンと豊かで説得力のあるストーリーラインがある」と述べ、ノーラン氏とジョイ氏は、このシリーズを映像化するのに最適なストーリーテラーであると強調しました。

トッド・ハワード氏は「過去10年間フォールアウトを映像化するための様々な方法を検討してきた」と明かしたうえで、ノーラン氏とジョイ氏、そしてAmazon Studioと一緒に働くことに興奮を抑えられないと話しています。

 

なお映像版「Fallout」の出演者や放映時期などについては明らかになっていません。

Kilter Filmsは現在、Amazon Studioと共に、ウィリアム・ギブスンの小説を題材にしたテクノスリラー「The Peripheral」を製作中です。

 

Source:Bethesda Softworks

コメント