GamesIndustryが選ぶ今年の人にフィル・スペンサー氏

ゲーム

イギリスのゲームメディアGamesIndustry.bizが発表した今年の人に、Xbox部門のトップであるフィル・スペンサー氏が選ばれました。

XboxOneがPS4に大きく水をあけられている現状において、何が評価のきっかけになったのでしょうか。

 

それはXbox事業が行った多角的な投資に関係していました。

 

過去4年間にわたりPS4に完敗

 

GamesIndustryは販売チャートからXboxの販売台数とゲームの販売台数が過去4年にわたりPS4に完敗していることを指摘します。

それは完全にPS4が支配する時代だったとしています。

その間Microsoftは複数のスタジオを閉鎖して、ゲーム事業からいよいよ撤退か?と思われるほどの低空飛行を見せ続けます。

そして今年でさえ売り上げにおいてはPS4には及びません。

 

しかしGamesIndustryはスペンサー氏を中心としたXbox事業が未来のゲーム世界に対して多くの投資をしたことを高く評価しました。

 

新しいスタジオを傘下に

 

今年に入ってMicrosoftは次々とスタジオを買収しました。

前半にはPlayground Games, Ninja Theory, Compulsion Games, Undead Labs,の4社を、11月にはRPGの老舗ObsidianInXileを買収します。

そして新しいスタジオThe Initiativeも立ち上げこれで計7つのスタジオがMicrosoftの傘下に入ることになりました。

Microsoftがゲーム事業に真剣ではないとする一部の意見をよそに、こうした投資は今では100億ドル規模の事業になっています。

 

かつてのMicrosoftは日和見的な買収を繰り返したり、独占販売などに固執しユーザーの反感を買うようなこともありました。

しかしこれらのスタジオ買収によるIPの強化はもっと別の場所を見ているようです。

 

Project xCloud

 

今年の10月Microsoftはあらゆる端末でゲームがプレイできるようになるストリーミングサービス「Project xCloud」を発表しました。

 

Project xCloud: Gaming with you at the center

 

これは特定のデバイスに縛られずに、クラウド上で動作するゲームをストリーミングでプレイするサービスです。

デバイスは高スペックである必要がなく処理のほとんどはクラウドで実行されるため、コンソールを持っていない人にもゲーム資産を提供できるのが強みになります。

 

ゲームのストリーミングサービスついては疑問を持っている人も多く、現時点で最も収益のあるサービスはPlayStation Nowでそれでもかなり小さなビジネスにとどまっています。

しかし同じ10月にはGoogleがProject Streamというストリーミングサービスを開始したこともあり、Microsoftはストリーミングの未来に対して非常に前向きになっています。

 

スペンサー氏はストリーミングの持つ意義についてこう語ります。

 

ゲームの未来とは、いつでもどこでもどんなデバイスでも、あなたが好きな人と好きなゲームをプレイできる未来なのです。

 

またxCloudには開発者にも恩恵があるといいます。

これまでは特定のコンソールの所有者にしか届かなかった作品がそれ以外の人にも届けられる、そうした環境を用意するのは業界全体の活力になるとスペンサー氏は考えています。

 

Xbox Game Pass

 

日本での展開はまだですが、Xbox Game Passの存在もすべての人をゲームでつなげようとするMicrosoft の戦略の一端を担っています。

 

Xbox Game Passは2017年3月1日に北米からスタートしたサブスクリプションサービス。月額9.99ドルで100タイトル以上のゲームを無制限にプレイできる。

 

スペンサー氏によるとXbox Game Passの加入者は加入する前に比べて40%多くのゲームをプレイし、またラインナップに入ったゲームは入る前と比べて6倍のプレイヤーを獲得していると述べました。

そしてこれをxCloudと掛け合わせることでプレイヤーにもメーカーにもメリットがあるとしています。

 

スペンサー氏は「地球上には20億人以上のゲームプレイヤーがいて、彼らの望むデバイスで望む場所で望むゲームをプレイできるようにしたい」と意気込みます。

 

そしてもう一つGamesIndustryが高く評価したのが、まさに「誰でも」使えるコントローラーの発売でした。

 

Xbox Adaptive Controller

 

Xbox Adaptive Controllerは高い拡張性が特徴のコントローラーで、主に障害のあるプレイヤーの操作を前提に作られました。

 

Introducing the Xbox Adaptive Controller

 

世にバリアフリーを謳う商品はたくさんありますが、このXbox Adaptive Controllerは障害者支援団体や医療機関、福祉機器メーカーなどと協力して作られていて、まさにかゆいところにも手が届く当事者目線を重視しています。

 

Image:© Microsoft 2018

 

ボタン類は大きくなり余分なものを排して、目の不自由なプレイヤーでもすぐにわかる配置になっています。

またボタンのマッピングもアプリによって変更することができるので、左ききの方でも自分のプレイしやすい配置にすることができます。

 

Image:© Microsoft 2018

 

そして注目すべきは背面の端子の数です。

これにはそれぞれ対応したデバイス――イヤホンや別のコントローラーやフットペダルなど――をいくつも差し込むことができ、プレイヤーの状態に一番フィットするゲーム環境を作ることに貢献します。

 

Microsoftは過去にもキネクトと呼ばれるジェスチャーや音声認識で動作する端末を投入したことがあります。

ゲームにおいてはあまり使われる機会がなかったのですが、今では医療の分野などで活躍しています。

こうした社会貢献の部分も今回の評価につながったのだと思います。

 


 

スペンサー氏は最後に2019年の展望について語っています。

 

2019年はCrackdown 3(ライオットアクト3)、Ori and the Will of the Wisps、そしてGears 5などのタイトルが投入されることにとても興奮している。またPCゲーム市場やPCゲーマーに対して何かできることがあるとも感じているよ。

 

 

個性的で魅力的なIPの獲得→xCloudによるプレイ人口の拡大→Game Passによる継続的なプレイヤーの獲得→Adaptive Controllerでゲームが出来なかった人にも楽しさを提供する……。

こうした一連の戦略が、今後のゲーム業界やプレイヤーにポジティブに受け入れられるようになることを期待したいです。

 

……とかくメーカー同士の争いが取りざたされる業界ですが、プレイ環境の壁をなくそうとする取り組みが実を結ぶことを願っています。

PS4とかXboxとかの壁もなくなれば一番いいですね~。

 

 

References:GamesIndustry.biz,Microsoft

ゲーム
スポンサーリンク
しぐれをフォローする
しぐれちゃんねる

コメント