ついに太陽圏を脱出したボイジャー2号、航海はこれからも続く

宇宙
Image Credit: NASA/JPL-Caltech

1977年に打ち上げられたNASAの無人宇宙探査機「ボイジャー2号」が太陽風の届く端とされる太陽圏を脱出しました。

NASAは12月10日、現在ボイジャー2号が地球から110億マイル(約176億キロ)の距離にあり、太陽圏を脱出し星間空間に到達したと発表しました。

 

パイオニア10号と11号、そしてボイジャー1号に続き宇宙の新たな地平に足を踏み入れたボイジャー2号。

打ち上げから41年が経過した航海者(Voyager・ボイジャー)のこれまでの軌跡と今後の活動についてお伝えします。

スポンサーリンク

 

ボイジャー計画とグランドツアー

 

グランドツアーが175年周期の大チャンスであることを伝えるポスター。Image Credit: NASA/JPL-Caltech

 

1977年にNASAは2機の無人宇宙探査機ボイジャー1号ボイジャー2号を打ち上げました。

この2機はほぼ構造が同じで、太陽系の木星より外側の惑星を探査するのが目的でした。

 

太陽を周っているそれぞれの惑星は公転周期が異なるため、複数の惑星を一度の探査で行うのは限界があります。

しかしこの2機が打ち上げられた時代は幸運にも惑星の並びが一方向に連なる周期になっていました。

惑星の重力を使ったスイングバイ航法ならば軌道修正の燃料だけで遠くの惑星まで到達することができます。

もしこの機会を逃してしまうと次の機会が訪れるのは175年後

関係者はこの機会を「グランドツアー」と名付け、ボイジャー計画がスタートしました。

 


 

ボイジャー1号はシステム不良のため打ち上げが16日延期されたため、1977年の8月20日にまずボイジャー2号が、次いで1977年の9月5日にボイジャー1号が打ち上げられました。

 

ボイジャー1号は木星土星を観察したのち、土星の衛星タイタンを訪れその後は太陽系の外に向かって飛行を続けました。

そして2012年8月には太陽圏を脱出したことが報告されています。

 

ボイジャー2号は木星土星天王星海王星とグランドツアーの目標である4つの外惑星を調査した後、太陽系の外に向かいました。

 

今回太陽風の影響がなくなる地点を通過したことでボイジャー2号は、1号に続き未知の領域に足を踏み入れたことになります。

そして打ち上げから41年が経過した現在も地球に電波を送り続けています。

 

ゴールデンレコード

 

2機のボイジャーに搭載されたゴールデンレコード Image Credit: NASA/JPL-Caltech

 

地球以外に知的生命体は存在するのか?

それは人間にとっての長きにわたる疑問の一つでした。

ボイジャーは惑星探査ミッションの後、太陽系の外に向かって航行することがわかっていました。

そこでもし宇宙に知的生命体がいた場合に備えて、地球の情報を記したものを宇宙船に取り付けようとする動きが起こります。

コーネル大学のカール・セーガンを中心としたチームが各方面に働きかけ情報を記した金属板が完成しました。

 

ボイジャーよりも前に太陽系の外に向かったパイオニア10号と11号にも地球外生命体に向けた金属板が取り付けられていました。

しかしボイジャーのものはさらに多くの画像や音声データが収録されていました――それはゴールデンレコードと呼ばれています。

 

ゴールデンレコードに収録されたもの――

 

115枚の画像
風や波の音、鳥の鳴き声などの自然音
様々な文化や時代の音楽
55種類の言語のあいさつ

 

また当時のアメリカ大統領ジミー・カーターと国連事務総長クルト・ヴァルトハイムのメッセージ文も添えられました。

音楽にはベートーベンの交響曲第5番やチャック・ベリーのジョニー・B・グッド、日本からも鶴の巣籠りという尺八の古典など、様々な国やジャンルのものが収録されました。

あいさつや言語にはもちろん日本語も含まれています。

 


 

ゴールデンレコードは金メッキが施された銅製でレコードカバーの表面はウラン238で覆われています。

ウラン238の半減期は44億年以上あり、もしこのレコードを地球外生命体が手にしたときにその崩壊速度を調べることができればおおよその作成期間がわかるように設計されています。

 

探査機の飛行ルートの計算からボイジャー1号が別の恒星の近くを通り過ぎるまでに約4万年かかり、ボイジャー2号に至っては29万6千年後になります。

そのとき人類がどうなっているかはわかりませんが、地球の存在が誰かに伝わるのであればとてもロマンがありますね。

 

ヘリオポーズを越えて

 

楕円形の境界線がヘリオポーズ、太陽風が届かなくなる地点。Image Credit: NASA/JPL-Caltech

 

太陽のエネルギーはとてつもなく大きく、最も遠い海王星を優に超えたその先にまで及びます。

ボイジャーに積まれた計測器によると、太陽から距離が離れれば離れるほど宇宙空間から飛んでくる放射線(宇宙線)の量が大きいことがわかっています。

太陽風はその宇宙線を遮ることで太陽系の惑星や地球を守ってくれています。

 

今回ボイジャー2号が到達した太陽風の届かない地点――ヘリオポーズの向こう側は剥き出しの宇宙線が飛び交う危険地帯です。

ここから先の宇宙空間がどうなっているのかはいまだ科学者たちの想像の域を出ていないのが現状です。

ボイジャー2号の活動から太陽圏の外にある宇宙の様子がわかるようになります。

それが人類にとって未知の情報になることは間違いありません。

 

ボイジャー2号の航海は続く

 

NASA’s Voyager 2 Enters Interstellar Space

ボイジャー2号の軌跡。日本語字幕にもできます。NASA Jet Propulsion Laboratory,YouTube

 

 

ボイジャーには原子力電池が搭載されています。

毎年4ワットずつ電力が落ちていきますが、NASAによると2025年くらいまでは地球と交信することが出来る予定です。

現在ボイジャー2号からのデータが地球に届くまでに要する時間は16.5時間。

光の速さでこれだけかかるのですからとてつもなく遠くにいることがわかります。

今後も太陽圏の外側からデータを送信し続けるそうです。

 


 

ボイジャーは当初5年間とされていた航行計画を延長し、NASAの技術者たちさえ驚くほど長い期間ミッションに携わっています。

そこからもたらされる新しい知見は人類にとって必ずや恩恵をもたらすことでしょう。

 

地球との交信が終わったあとも孤独に旅を続けるボイジャーはいつの日か知的生命体に出会うことがあるのでしょうか。

地球という青い星からのメッセージを携えたボイジャーのこれからが良い航海でありますように。

 

 


 

 

しぐれ
しぐれ

宇宙空間で独りぼっちなんて……さみしいな

せつな
せつな

大丈夫ですよ、案外宇宙は騒がしいところなんです

かなで
かなで

かなでたちも宇宙からやってきたんだしねー

しぐれ
しぐれ

そうだよね~すっかり忘れてたよ~♪みんなもいるからさみしくなんかないよね♪

ふうか
ふうか

……この立ち直りの速さこそ宇宙レベルというわけだな

 

 


 

太陽圏の外側に到達した探査機ボイジャー2号についてのお話でした。

読んでいただきありがとうございました!

 

 

References,NASA,Wikipedia

宇宙
スポンサーリンク
しぐれをフォローする
しぐれちゃんねる

コメント