ESRBのレイティングは学校暴力の抑止に対して有効であるとの報告

ゲーム

12月18日に行われた「学校の安全に関する連邦委員会Federal Commission on School Safety)」が、映画やビデオゲームが学校での暴力事件に直接関わるわけではないとの報告をまとめました。

 

委員会は今年の2月フロリダ州パークランドで起きた高校での銃撃事件を受けて発足しました。

 

当時トランプ大統領は、映画やビデオゲームが学校暴力と関連しているとして激しく非難しました。

その際ホワイトハウスにゲームメーカーのトップを招き対策について話し合っています。

 

今回の委員会の報告書ではビデオゲームと学校での暴力事件との関連性について詳しく言及するのを避けています。

 

その背景にはコンピュータゲームのレイティング団体の存在がありました。

 

ESRB――1994年発足のレイティング団体

 

ESRB(Entertainment Software Rating Board)はアメリカ及びカナダのコンピュータゲームのレイティング団体で1994年に発足しました。

 

レイティングは年齢区分と内容の2点がセットになった形でロゴマークとして表示されます。

法的強制力はなくメーカーの任意でレイティングを受ける形になっていますが、現状レイティングを通していないゲームは販売店が取り扱わないため事実上必須となっています。

 

特に17歳以上推奨のゲームに関しては、年齢に満たない者が購入する際に保護者の同意が必要になり、それ以上のレイティング――いわゆるアダルト区分――においては流通上不利になることが多く市場にはわずかな数しか存在していません。

 

ESRBの17歳以上推奨のロゴ。MはMature(成熟したという意味)の頭文字。ほとんどのゲームはこのレイティング以下に収まるように作られる。

 

このような厳格な区分分けはメーカーのゲーム制作にも影響し、行き過ぎた性描写や暴力描写を含むものがそもそも世に出てこないような仕組みが確立しています。

 

日本のレーティング機構CERO(コンピュータエンターテインメントレーティング機構)はESRBのやり方を取り入れて発足しましたが、判断基準や区分分けについては独自のものとなっています。

 

学校暴力には銃器入手の容易性が関連している

 

委員会がまとめた報告では、学校の暴力事件に直接関わる要因として銃器の入手のしやすさを挙げています。

トランプ大統領によって暴力的な映画やビデオゲームの存在がやり玉に挙げられましたが、その影響は少ないと結論づけています。

 

この結果にはESRBの厳格なレイティングが大きく寄与しました。

 

報告ではESRBのレイティングの存在が子供たちを暴力的ゲームから遠ざけているとして一定の評価を与えています。

 

2016年の調査によると、ビデオゲームをプレイする子供を抱える親の86%がESRBのレイティングを知っており、そのうちの73%が購入時に参考にしている、というデータがあります。
またレイティングは保護者の間で高い信頼を得ている、と付け加えています。

 

委員会によると、ビデオゲームそのものに制限を設けるやり方よりも、学校内でのインターネット接続について管理するほうが有意義であるとしています。

 

ESRBの代表はこの調査結果に非常に満足している、と述べています。

 

銃器の入手先は身近なところから

 

委員会はビデオゲームや映画の及ぼす暴力への関連性の調査と合わせて、犯行に使用された銃器の入手先や入手方法についても調べています。

 

その報告によると、多くの犯人は銃器を自宅や親せきの家から持ち出していることがわかりました。

 

教育省とシークレットサービスは1974年から2000年にかけて起きた学校暴力事件37件について調べた。
そこでは犯行に及んだ3分の2以上の者が自宅や親せきから銃器を調達したことが判明した。また疾病予防管理センターが行った1992年から1999年の間に発生した暴力死亡事件についての調査でも同じような結果が出ている。
それによると犯行に使われた銃器のうち23.4%が自宅から、27.6%が友人や親せきの家から持ち出されたことがわかった。

 

委員会はこうした調査結果から、学校が法執行機関と協力して銃を学校内に持ち込ませないような方法を検討する必要があるとしました。

 

また同時に訓練された学校職員(武装した警備員も含む)の配置も検討するべきだとしています。

 


 

今回の報告書ではひとまずビデオゲームが学校暴力のスケープゴートにされるような事態にはなりませんでした。

 

しかし最近では、ゲームプレイで負けた腹いせにスワッティング(虚偽の通報をして警察を他人の家に派遣させるいたずらのこと)をして捕まったゲーマーなどの良くない話題も出てきています。

 

ネット対戦が主流になりゲーマーの世界は広がりました。

モニターの向こうに生身の人間がいることをつい忘れがちになりますが、ゲームをこれからも楽しくプレイしていくためにも、ちょっとだけマナーについて考えてみたりするのもいいかもしれません。

 

 

Reference:Polygon

ゲーム
スポンサーリンク
しぐれをフォローする
しぐれちゃんねる

コメント