ソニーとマイクロソフトがストリーミングや半導体、AIなどの分野における提携を発表

ゲーム
© Microsoft 2019

ソニーとマイクロソフトはゲームストリーミングやクラウドサービスの分野で戦略的パートナーシップを提携すると発表しました。

5月16日にマイクロソフトの公式サイトで発表された内容によると、両社は消費者向けエンターテインメントプラットフォームでの顧客体験を向上させる新しいイノベーションに取り組むとしており、半導体やAIの分野でも提携、協力するということです。

ニュースリリースは「両社が協力することで世界中の顧客に対してより充実したエンターテインメント体験を提供することを目指す」と述べ、また「それぞれのゲーム及びコンテンツストリーミングサービスをサポートするために、Microsoft Azureにおける将来のクラウドソリューションの共同開発を検討する」としています。

スポンサーリンク

 

ソニーとマイクロソフトは周知のとおり長い間ゲーム業界を舞台に激しい戦いを繰り広げてきました。

今回の提携はそれぞれのハードの個別のタイトルを対象にしたものではありませんが、これまでの経緯を振り返ればかなり異例の出来事といってもいいかもしれません。

 

ソニーの社長兼最高経営責任者(CEO)である吉田憲一郎氏は、「世界中の人々の想像力をとらえる多数のコンテンツ制作者と緊密に協力し、最先端の技術を通して彼らの夢とビジョンを現実のものにするためのツールを提供する」と述べ、マイクロソフトとの提携による将来のクラウドソリューションの共同開発が、インタラクティブコンテンツの進歩に大きく貢献するだろうと語りました。

また半導体やAI分野でも相互補完的な方法で最先端技術を活用することで社会に新たな価値を創造できるだろうとしています。

 

マイクロソフトのCEOであるSatya Nadella氏も今回の提携が“革新的な歴史の上に成り立つものだ”として次のように語りました。

「ソニーは常にエンターテインメントとテクノロジーのリーダーであり、私たちのパートナーシップはAzureとAzure AIの力をソニーにもたらし、顧客に新しいゲームとエンターテインメントの経験をもたらします」

 

XboxのヘッドであるPhil Spencer氏もTwitterで「世界中のプレイヤーを楽しませるための可能性について興奮している」と今回の驚きの提携について発言しました。

 

 


 

長い間、特にファンたちの間で激しい争いが起きていたソニーとマイクロソフトがゲーム分野で手を組むことになるとは予想だにしなかったことです。

しかしこれが共通のハードやタイトルの開発につながるかというとそれはまた別の問題でしょう。

 

ストリーミングゲームサービスについては先日Googleが「Stadia」を引っ提げて業界に参入することが明らかになりました。

ソニーはPlayStation Nowというストリーミングサービスを長い間運営しており、マイクロソフトはxCloudというサービスを近い将来開始することが判明しています。

遅延などの問題からストリーミングゲームについては懐疑的な見方が多数を占めていましたが、Googleの登場やクラウドサービスの普及(AzureやAmazon Web Services)により現実味を増してきています。

今回の提携は来たるクラウドゲーミングサービスの隆盛に向けて両社が真剣に取り組んでいることの現れであり、この分野の競争がこれから一層激しくなることを示唆するものでもあります。

 

Stadiaを含む3社それぞれのクラウドゲーミングサービスは今後私たちにどのような驚きを見せてくれるのでしょうか。

 

 

Source:Microsoft

ゲーム
スポンサーリンク
しぐれをフォローする
しぐれちゃんねる

コメント