「Dead Island 2」の未完成ビルドがリーク 最初のスタジオYagerが制作したもの

ゲーム
(Deep Silver/Yager)

2014年のE3でトレイラーが公開されたものの、その後開発スタジオが二転三転し、未だ発売に至っていないサバイバルホラーアクション「Dead Island 2 (デッドアイランド2)」の未完成ビルドが発見されています。

「Dead Island 2」は、パブリッシャーであるDeep Silverと開発スタジオとの間で意見の相違があり、これまでに3つのスタジオが制作に関わっています。

 

海外の掲示板サイト4chanから漏れ出たとされる「Dead Island 2」の未完成ビルドは、最初のスタジオであるYagerが制作したもので、日付は開発を降りる1カ月前の2015年6月となっています。

 

 

リークされたビルドには、所々に未完成のオブジェクトが確認できますが、襲い来るゾンビを様々な武器を使ってなぎ倒していくゲームプレイは前作を忠実に踏襲しており、少なくともこの時点までは、開発が順調に進んでいたことをうかがわせます。

しかし「Dead Island 2」の開発は、2016年の3月にYagerからイギリスの開発会社Sumo Digitalに引き継がれ、2019年8月からは「Homefront:The Revolution」のDambuster Studiosが受け持つことになりました。

度重なるスタジオの変更はファンを不安にさせましたが、パブリッシャーであるDeep Silverは開発を断念したわけではないことを常に強調してきており、進行状況は不明ながらもプロジェクト自体は現在でも失われていません。

 

Deep Silverは「Dead Island 2」について、今も開発中でありリリースの計画はある、としています。

 

 

Source:Eurogamer