2019年のE3に不参加を表明したソニー、PAX South 2019に参加か

ゲーム
ⓒPAX South

毎年6月に行われる恒例のゲームイベントE3への2019年の参加を見合わせたソニーですが、来年1月に開かれるPAX Southに登場するかもしれないとの情報が出てきました。

 

PAX(Penny Arcade Expo)は2004年から始まったゲームイベントでコンピューターゲーム以外にもトレーディングカードやボードゲーム、テーブルトークRPGなど様々なジャンルを扱う。
業界関係者のトークや音楽演奏、パネルディスカッションや出演者のサイン会、さらには参加型のゲーム大会など、ファンも一緒に盛り上がれるイベントが多彩なことが特徴。
もちろんゲームメーカーも登場し新作の紹介なども行う。

 

ゲームメディアのpsu.comによると、来年のPAX Southにバンダイナムコカプコンと並んでソニーが登場するかもしれないとしています。

スポンサーリンク

 


 

海外のゲームフォーラムReseteraに投稿されたPAX Southのチラシによると、ソニーのイベントへの参加はこれまでになかったほど大規模なものになる、と記しています。

 

赤線の部分にソニー(プレイステーション)、カプコン、バンダイナムコの名前がある。Image:Resetera

 

ソニーは1995年から開催されてきたゲームイベントE3に、今回初めて参加しないことを表明し業界を驚かせました。

SIE(ソニー・インタラクティブ・エンタテインメント)の声明によるとE3に不参加の理由として、コミュニティと交流する斬新な機会を模索し続けているからだとしています。

 

E3は年々規模が大きくなり出展するメーカーも多額の出費を必要とするようになってきました。

またインターネットの普及により情報が瞬時に共有される時代にあって、E3のようなイベント型の発表が時代遅れだという判断もあるだろうと思います。

 

PAXはE3と比べてファン寄りのイベントとして知られているので、ソニーが望む新たな交流の場という意味で今回の参加が予定されているのかもしれません。

 


 

Image:©2018 Sony Interactive Entertainment Inc.

 

しかしソニーが今回PAX Southに参加することで最も注目を集めているのは次世代機――PS5の発表についてでしょう。

 

現行のコンソールであるPS4やXbox One世代も登場からはや5年が過ぎ、そろそろ新しいハードの登場が待ち望まれているのは確かです。

 

最近ではマイクロソフトが「アナコンダ」と「ロックハート」というコードネームで2020年に次世代機を出すかもしれない、という噂があります。

また来年にはディスクレスのXbox Oneを出すという計画も漏れ出てきました。

 

今世代はPS4の圧勝といってもいいゲーム業界ですが、ソニーとしてもただ状況を静観しているだけではないでしょう。

 


 

伝統的に新ハードはE3で発表するというのがメーカー間の暗黙の了解でした。

しかし今回ソニーが2019年のE3に不参加であること、そしてその理由が別の形でのコミュニティの模索をしていること、さらにはこれまで一度も参加したことのないPAX Southに登場するかもしれないこと……

これらをつなぎ合わせるならば、ソニーのアッと驚くような発表を期待しないではいられません。

 


 

ちなみにGod of Warで知られるSony Santa Monica StudiosのCory Barlog氏は、今年の1月に開かれたPAXで基調講演を行っています。

これがただの偶然なのか……今後の情報を見守りたいですね。

 

PAX Southは現地時間2019年の1月18日から20日まで、テキサス州のサンアントニオで開催されます。

 

 

References:PSU,Resetera

ゲーム
スポンサーリンク
しぐれをフォローする
しぐれちゃんねる

コメント