StarfieldとTES6の詳細は今年のE3では明らかにされない:PAX EastでTodd Howard氏が発言

ゲーム

Bethesda Softworksは2019年のE3でも毎年恒例のプレスカンファレンスを行うことを発表しています。

注目される作品には去年公開された新IPである「Starfield」やティーザー映像が公開された「The Elder Scrolls 6」などが期待されるところです。

しかし現在ボストンで開かれているPAX Eastの会場でBethesda Games StudiosのTodd Howard氏が登場し、今年のE3には先の2作品について詳細な情報を伝えることはできないと発言しました。

 

Howard氏は新しいゲームエンジンについての詳細を語りそれに関連する形で、「Starfield」が最初にそのエンジンについての技術が見られる作品になり、「TES6」が2番目になるだろうと語っています。

そしてゲームの詳細については今年のE3では語られないだろうとしユーザーに忍耐力を持つよう促しました。

 

去年のE3では2作品とも具体的なゲーム内容がわからなかったため、開発に時間を要するスタジオの性格も考えればこれは驚くことではないでしょう。

Howard氏は2作品の発売日について自分は知っているがそれを言うのは馬鹿げているとし現時点でそれを伝えるつもりはないことも明かしています。

スポンサーリンク

 


 

2020年にはPSとXboxの新しいハードが登場することがほぼ確実とみられているので、この2作品(特に2番目のTES6)は今世代機ではなく次世代機でのプレイを念頭に開発されていることは疑いようがありません。

Bethesda Games Studiosの作品に使用されているCreation Engineは2011年に登場し、Skyrim以降Fallout76まで一貫して使われてきました。

Creation Engineはユーザーの間で既に古臭いエンジンとして認識されつつあり、StarfieldやTES6が新しいエンジンで開発されるならば、そうした批判や不安の声を払拭することができます。

 

Fallout76が思った以上にFallout4の使いまわしであったことは、長年のファンをいらいらさせるのに十分な出来事でした。

大きな期待を持たれている2作品が今年のE3に登場しないことは、それだけじっくりと時間をかけて制作していることの表れです。

新しいエンジンと共にファンの度肝を抜くような作品が登場するのに期待したいところです。

 

 

 


 

TES6に関しては嬉しいニュースもありました。

それは82歳のSkyrimプレイヤー、Shirley CurryさんがTES6に登場することが決まったことです。

Curryさんは高齢ながらもYouTubeで数多くのSkyrim動画をアップし人気を集めています。

ユーザーはCurryさんをTESの次回作に登場させようと署名活動を行いそれがBethesdaの目に止まることになり、晴れて登場が確定したのでした。

 

 

Twitterのやりとりを見てもCurryさんの人柄が多くのSkyrimプレイヤーと孫たち(!)を幸せな気分にしているのがわかります。

Curryさんに会えるのはゲームの中だけ、なんてことになる前に開発チームには全力でTES6に挑んでいただきたいと心から望みます。

 

 

Source:GameInformer,GameSpot

ゲーム
スポンサーリンク
しぐれをフォローする
しぐれちゃんねる

コメント