ファスティングに効果なんてあるの?研究結果からみるダイエットとの関連性

雑ネタ

いつの時代も体重は男女問わず悩みの種です。

筋トレしたりいろいろなダイエット法をためしてみたりとみんな忙しいですよね。

最近何かと話題?になっている方法でファスティングというものがあります。

いわゆる断食とかプチ断食というものなんですが、本当にそれで痩せることができるのでしょうか。

 

身体に負担をかけずに今の自分を愛してあげて!と思っちゃったりもしますが、それはともかく最新の研究結果などと合わせてファスティングの効果や意味などについてみていきましょう。

スポンサーリンク

 

空腹は体内の毒素を排出する

 

 

短時間の空腹が健康上メリットがあることは数々の研究から知られています。

一部の医療関係者などはその効果について疑問視しているのも事実ですが、実践している人たちの多くは断食の価値を称賛しています。

体重の減少、免疫系や脳機能の改善などの効果はいくつかの実験で明らかになっています。

 

しかし断食を実行するのはなかなか難しいのも事実です。

 

断食模倣ダイエット

 

 

南カリフォルニア大学の老化学と生物科学の教授であるヴァルター・ロンゴ氏は一つのメニューを考案しました。

それは断食模倣ダイエット(FMD:Fasting Mimicking Diet)と呼ばれるもので、断食とほぼ同じ効果を発揮しながらもある程度は食べることのできるプチ断食みたいな方法です。

 

基本的には1か月のうち5日間だけをこのプログラムにあてます。

1日目にそこそこのカロリーのある食事を摂り、残りの4日間は少なめのカロリーを摂るという組み合わせです。

 

1日目
10%のタンパク質、56%の脂肪、34%の炭水化物からなる計1090カロリーを摂る。
2日目から5日目まで
9%のタンパク質、44%の脂肪、47%の炭水化物からなる計725カロリーの食事を摂る。

 

FMDのマウス実験では内部脂肪を減少させいくつかの神経細胞の再生が確認されています。

また19人の肥満者を対象にした実験では老化、糖尿病、心臓病および癌のリスク因子の低下が示されました。

 

あなたの身体は断食をしているとは感じないかもしれないが、その効果は断食と同じだ。

 

ロンゴ氏はこう語っていますが、素人である私たちにはカロリー計算の部分で大きな壁が立ちはだかりそうです。

 

断食は特別なことですか?

 

現在ほとんどの人は1日3食の食事をしています。

しかし人間の進化の観点からみるとこれはとても異常なことである、と考える研究者もいます。

 

人がまだ狩猟生活をしていた時代では、食事は定期的に提供される保証がありませんでした。

しかし獲物を前に力が出ないのも困ります。

身体は空腹時において最も神経が研ぎ澄まされなければならない、これを理解することは我々の進化の歴史を知るうえで重要である、と研究者たちは述べています。

 

サンディエゴにあるソーク研究所(1963年に創設された生物医学系の研究所。数多くの著名な論文を発表している)のサッチン・パンダ教授は「断続的な断食は身体を若返らせ修復する。それは身体の健康を促進するのに役立つ」と語ります。

 

断食は薬よりも、いくつかの病気を予防することができる。

 

パンダ教授のマウス実験では、食事制限をしたマウスとそうでないマウスとの間には、コレステロールや血糖値、体重の増加、肝臓の損傷、運動機能の低下などで明らかな違いがみられたといいます。

 

こうしてみると断食はいいことづくめのような気がしますが、本当にそうなのでしょうか?

 

断食をすると身体はどう変化しますか?

 

 

朝起きたとき身体はほぼ断食状態といえます。

最後に食べたものから栄養素を吸収しなくなったとき、身体はどのような反応を示すのでしょうか。

 

この状態で何も食べないとまず血糖(グルコース)が消費されていきます。

これを続けていくと身体はやがて疲れを感じ始めます。

さらに食べ物を摂取しない(48時間以上)でいると、今度は脂肪を分解しエネルギーに変換していきます。

 

空腹になる時間を増やすことは身体の中の毒素を排除し体重の減少に効果があると考えてしまいますが、物事はそう単純でもないようです。

 

ピッツバーグ大学メディカルセンターのマデリン・ファーンストロム博士は断食に科学的根拠はない、と語ります。

 

肝臓は天然のデトックスセンターですし、肺、腸、腎臓、リンパ腺、皮膚なども毒素を取り除きます。身体はそれだけで十分に機能するのです。

 

一部の人たちは身体の中から汚染物質を取り除こうと野菜ジュースを飲んだりキャベツのスープを飲んだりしていますが、それらに科学的根拠がないのだとすれば結構ショックな事実になりますね。

 

効果的な3つの断食方法

 

 

断食はすべての食べ物や飲み物を控えなければならないというわけではありません。

一般的には食事の量を減らしたり、食べる時間を調節することでも効果をあげることができます。

 

最近人気のあるダイエット法にはいくつかの種類があります。

 

5:2ダイエット
2日間断食をし、残りの5日間は普通に食事を摂る方法。
1日おきの断食
1日断食をし、次の日には500~600カロリーを摂ることを繰り返す方法。
16:8ダイエット
1日のうち8時間の間だけ食べ、残りの16時間は断食をする。

 

それぞれ個人にあったものがあると思うので、具体的な方法についてはよく吟味されることをおすすめします。

 

断食はダイエットのためにするべきですか?

 

アリゾナ州立大学の臨床助教授で栄養学アカデミーの長官でもあるメリンダ・ジョンソン氏は、ダイエットのために断食をするのは危険である可能性を示唆しています。

 

断食を行う人の多くが体重を減らすためにこれをやっています。このタイプの減量行動は下半身のイメージ、自尊心の低下、食べ物との関係などの問題と関連しています。

 

外見を重視することに重点を置くことはその人の幸福を損なう可能性があると教授は言います。

 

ダイエットのために断食をして思うほどの効果が得られなければその反動でやけ食いしてしまうこともあるでしょうし、そうなると今度は身体に負担をかけてしまいます。

身体のためにした断食が身体を苦しめてしまう、そんなことになったら本末転倒もいいとこですよね。

 

ドイツで行われた研究では、断食と伝統的なカロリー制限食との比較を行っています。

それによると両方ともダイエット効果があることは認められましたが、カロリー制限食のほうが長期的に優れていることがわかりました。

 

断食に過度な期待をかけてしまうのは、もしかたらダイエットには適していないのかもしれません。

 

あなたにあったダイエット方法を

 

 

今回の調査ではどちらかというと断食をダイエットの唯一の方法とするのは得策ではない、そんな結論になりました。

痩せたい気持ちだけが前のめりになって結局身体まで壊してしまったら元も子もありません。

 

それにすぐに効果が出るものなんてないのが世の常です。

毎日の食事や睡眠、運動やストレス、そういったものに目を向けて自分をいたわってあげることのほうが案外近道なのかもしれませんね。

 

上で紹介したダイエット方法についてはいくつか日本のサイトでも紹介しているところがあるので、十分調べた上でご判断ください。

 

 

 

 


 

 

せつな
せつな

最近ちょっとお腹周りがきついかな

ふうか
ふうか

どれどれ……あぁこれは鍛錬不足だな!私が朝練に付き合ってもいいぞ!

せつな
せつな

いえ、遠慮しときます。私はこれから仮想空間へ旅に出ますので……ってなにやってるんですか

ふうか
ふうか

そんなことだろうと思ってお前専用のシッ〇スパッドを用意しておいたぞ!これなら座っていても腹筋が鍛えられる!

せつな
せつな

……こ、これはかなり……効きま……す……_| ̄|○ ガクッ

 


 

ファスティングとその研究成果、具体例などについてお伝えしました。

読んでいただきありがとうございました!

 

 

 

References:Is fasting good for you?,Why we’ve all been doing the Fast Diet wrong 

雑ネタ
スポンサーリンク
しぐれをフォローする
しぐれちゃんねる

コメント