ピザが美味しいのには理由がある――ピザ好きが語るその魅力(研究)

雑ネタ

どういうわけか無性にピザを食べたくなるときってありませんか?

普段はまったく食べたいとも思わないのにテレビのCMを見た後や、ポストに投函されたデリバリーピザのチラシを見るとピザのことで頭がいっぱいになったりします。

ある研究によるとそれは異常なことでもないそうで、一言でいうとピザの持つ魔力なのだとか。

そんな大げさな!と思ってしまいますがピザのことを研究した人に敬意を表し、ピザについてちょっと考察してみましょう。

スポンサーリンク

 

ピザの持つ中毒性――それは完璧な成分の組み合わせ

 

 

温かく焼いた生地、塩辛いトマトソース、濃厚なモッツァレラチーズ……これらの絶妙な組み合わせでできたピザを食べることは至福のひと時といっていいほどです。

最近の研究によると、ピザは中毒に関連する食品の中でも最高ランクに位置付けられたそうです。

やめられない止まらない、といった食べ物はほかにもいくつかありますが、どうしてピザはその中でも中毒性が高いのでしょうか。

 


 

企業を支援するコンサルティング会社Sensory Spectrumの創設者兼社長、Gail Vance Civille氏は食べ物に対する感じ方がどのように消費行動に結びつくのかをピザから学ぶことが出来ると語ります。

 

私は人々がほとんどすべての種類のピザを食べているということに魅了されています。

 

ピザにはトッピングを含めると無数のパターンがありますが、Civille氏はピザを食べる人のほとんどがそれらすべてについて好意的であることに驚くといいます。

氏の見解ではピザの主な成分である脂肪、砂糖、塩の組み合わせが偏桃体に影響しそれが脳をハッピーにしているのではないかということです。

 

またPMQ Pizza MagazineのBill DeJournett編集長はピザの魅力についてこう話します。

 

ピザは生地、チーズ、ソースでできた聖なる三位一体です。

 

チーズそれ自体の中毒性のみならず、そこにパン生地、ソースと加わることでうまみ成分がより高いレベルに到達すると編集長は述べています。

 

言われてみると当たり前のことばかりに聞こえてきますが、ピザをここまで真面目に分析しようとしている人がいることにはちょっと驚いてしまいます。

しかしまだほかにもピザの中毒性について研究した人がいます。

 

人間の感覚について50年以上も研究しているハーバート・ストーン氏は、ピザの消費者への魅力を高めるために国内のピザ企業と協力してきました。

彼はこう語ります。

 

熱々のピザは最高で中毒性がある。嫌いになる理由なんて一つもない。

 

ここまでくるとただのピザ好きなのでは?と疑ってしまいますが、それだけの魅力と中毒性がピザにはあるということなんでしょう。

 

でも主観的な意見だけではなく科学的な検証も必要かもしれません。

 

ピザのうまみを科学する

 

 

ピザを構成するそれぞれの食品がどのように味覚に影響を与えるのかについては様々な意見があります。

 

先述したCiville氏は、酵母発酵した生地とモッツァレラチーズ、パルメザンチーズの組み合わせにカギがあると指摘します。

パルメザンチーズは酸味と辛みを中和し、よく熱せられたトマトはそのフルーティさでチーズを補完します。

 

本当においしいピザソースはトマトとニンニク、玉ねぎ、グリーンハーブからなる絶妙のシンフォニーからなります。

 

またピザの食感も大事な要素です。

サクサクとした生地、とろけるチーズ、しっとりとしたソース……それらが適切に作られれば互いを干渉することなく口に入れた途端に溶けていきます。

 


 

ストーン氏によると、ピザの色でさえ味の認知に影響を与えているといいます。

 

紫色に近づくほどの深い赤色のソースこそが、最も消費者の感覚に訴えかける。

 

いよいよただのピザ好きの意見のようにも聞こえてきますが、確かに見た目は重要かもしれません。

少し焦げた感じの生地に赤いトマト、そこにとろけるチーズと緑野菜のハーモニーが加われば目を逸らすのはなかなか難しい選択ですよね。

 

ピザは中毒食品ナンバー1

 

 

エール大学が開発した「Yale Food Addiction Scale」という食に対する中毒性を判定するテストにおいて、ピザは上位にランク付けされています。

それによるとピザが含んでいる脂肪、精製炭水化物、塩の組み合わせが消費者に継続的な購買行動をもたらしているとしています。

 

またミシガン大学の臨床心理学の博士候補であるErica M. Schulte氏によると、ピザの購買者は自らの中毒的行動に否定的になったとしてもやめることができないのだといいます。

 

脂肪と炭水化物の組み合わせが、単独のものよりも高い中毒性を引き起こす要因になっている。

 

ピザのような成分の組み合わせは自然界には存在せず、それが中毒性と大いに関係しているのだとSchulte氏は語ります。

 

パンだけとか、トマトだけだったらそこまで食べなくてもピザになっていればどんどんお腹に入っていく……それはなんとなくわかる気がします。

 

それでもピザはおいしい

 

 

否定的な意見はさておきピザがおいしい食べ物であることに疑いの余地はありません。

 

先述したCiville氏によるとピザの魅力はそのトッピングにあるといいます。

 

ペパロニやソーセージは肉感的で噛み応えが増し、野菜を加えた場合にはそこにコントラストが追加されます。すべてのピザは毎回違う魅力を与えてくれます。

 

デリバリーピザのチラシには本当に多くの種類のメニューがあります。

それらの一つ一つがトッピングの組み合わせで無限の味を作り出している、というわけですね。

 

またピザ専門誌の編集長であるDeJournett氏はピザの魅力についてこう付け加えています。

 

ピザは友人や家族と一緒においしい食事を楽しむためのものです。ピザをみんなで囲むことで嬉しさや喜びを感じることができる。これは他の食べ物ではできません。

 

ピザだけじゃなくなんでも食べすぎたり飲みすぎたりするのは身体に毒です。

節度を守ればピザをたらふく食べるのもたまにはいいのかもしれません。

 

それにやっぱりみんなで食べるピザはおいしいですからね。

 

 


 

 

 

かなで
かなで

わーい!ピザだー!かなではこれにするー!

せつな
せつな

みんなの分もありますからどうぞ

ふうか
ふうか

お、これはおいしそうだな

しぐれ
しぐれ

いただきまーす!

せつな
せつな

ん、みんなで食べるとおいしい……

 

 


 

ピザのおいしさの秘密についてのお話でした。

読んでいただきありがとうございました!

 

 

Reference:Why is pizza so addictive?

雑ネタ
スポンサーリンク
しぐれをフォローする
しぐれちゃんねる

コメント