朝食は食べないほうがいい?研究で明らかにされる朝食と健康との深い関係

雑ネタ

朝起きるとお腹がすきますよね。

でも最近は健康法とかダイエットなんかで朝食を食べない人も増えているといいます。

 

一日の初めに栄養を身体に取り込むことは、学校や仕事での活動には欠かせない要素です。

しかし必ずしも朝食を食べることがその人にとってベストな選択というわけでもないようなのです。

 

イギリスでは朝食を食べない子供に対する決まり文句として次のようなものがあるそうです。

「ニンジンを食べると夜、目が見えるようになる」(だからちゃんと食べなさい)

「悪いことをする子にはサンタさんはプレゼントを持ってこない」(だから残さず食べなさい)

 

しかし大人たちの多くはダイエットに効果があると信じて朝食を抜いています。

最近よく聞く「プチ断食」などで、食事をとらない健康法のようなものが知られるようにもなりました。

 

でも本当に効果があるのでしょうか?

また健康面について問題はないのでしょうか?

スポンサーリンク

 

朝食を食べない人が増えてきている

 

 

イギリスでは3分の2アメリカでは4分の3の大人しか朝食を食べないというデータがあります。

 

栄養士のサラ・エルダー氏によると「体は夜間に成長と修復のために多くのエネルギーを必要としています」と説明します。

 

バランスのとれた朝食を食べることは、夜間に使われるエネルギーだけでなく、日中のエネルギーを高めるのにも役立ちます――サラ・エルダー

 

しかし朝食が一日で最も重要な食事なのかについては、いくつかの意見が存在しています。

 

断食のブームや砂糖が多く含まれているシリアルでの食事、さらには朝食そのものが「危険」であるとする一部の学者の主張などです。

 

朝食を食べることと肥満との関係

 

 

アメリカのある研究では7年間で5万人を分析しています。

その中で、一日の食事のうち朝食を最も多くしたグループは、ランチを多くしたグループよりもBMI(肥満指数)が低い傾向にあることがわかりました。

研究では、朝食で満腹になることがその後の食事の量を減らし、また繊維と栄養素を多くとることで糖尿病のリスクが低下するとしています。

 

しかし元々の体重を考慮していないことから、この結果だけで朝食の効果を断定できません。

 

そこで研究者は52人の肥満女性を12週間の体重減少プログラムに参加させました。

一日の総カロリーは同じですが、一つのグループは朝食を食べ、もう一方のグループは朝食を抜きました。

 

その結果わかったのは、朝食そのものが体重に関係していたのではなく、被験者のそれまでの食習慣が関係していたということでした。

 

プログラムの参加前からいつも朝食を食べていた人が、朝食を食べないグループに入ったところ8.9キロ体重が減少しました。

プログラムの参加前からいつも朝食を食べていなかった人が、朝食を食べるグループに入ったところ、7.7キロ体重が減少しました。

両方のグループとも一日の総摂取カロリーは変わらない

 

この結果から、朝食を食べるか食べないかということだけが体重の変化に影響しているわけではないことがわかります。

 


 

アバディーン大学の食欲研究の教授であるアレクサンドラ・ジョンストン氏は、朝食を抜いてダイエットしようと考える人たちは単に健康と栄養に関する知識が不足している、と主張しています。

 

朝食を食べることと健康との関係については多くの研究がありますが、これは朝食を食べる人が禁煙や規則的な運動などの健康増進行動をしていないということではありません。

 

またあるレビューでは朝食が体重に影響を与えない、とする限られた証拠があるとしています。

2016年に行われた10件の研究では、朝食が必ずしも体重に影響を与えるわけではないとする「限られた証拠」があるとし、肥満予防と朝食の関係についてはさらなる調査が必要だとしている。

 

朝食を食べない人は、それ以外にも運動だったり禁煙だったりと体にいいことをしている可能性もあるので、結局ここでも朝食の有無だけでは効果のほどを断定できないということです。

 

厳密な研究結果を導き出すのはなかなか大変なんですね~。

 

朝食とファスティング(断食)

 

 

ファスティングと呼ばれる限定的な断食方法は一部の人々の間で体重管理や健康に役立つとして取り入れられています。(日本でいうところのプチ断食ですね)

 

アラバマ大学バーミンガム校の栄養科学助教授であるコートニー・ピーターソン氏の研究は規模が小さいながらも興味深い結果を示しました。

2018年に発表された研究では、ファスティングは血糖値を下げインスリン抵抗性を改善し、血圧を低下させることが分かりました。

 

この実験では糖尿病予備軍の8人の男性に、2つの食事スケジュールを割り当てました。

1つは9時から15時にだけ食事をするグループ、もう1つは12時間の間に何度か食事をとるグループに分けました。(2つとも一日の摂取カロリーは同じ)

 

その結果9時から15時にだけ食事をしたグループでは血圧を下げる薬と同等の結果が得られました

 


 

しかし別の学者は朝食は「危険」であると主張します。

朝食を食べることは、それよりも後で食べるときと比べコルチゾールの分泌がより促され、インスリン抵抗性になり2型糖尿病に至る可能性があるとしています。

 

コルチゾールは副腎皮質ホルモンの一つで、過剰な分泌は血糖値を上昇させる。

 

これについてオックスフォード糖尿病センターの内分泌学および代謝医学教授であるフレデリク・カープ氏は、朝のコルチゾールの上昇は体の自然なリズムの一部に過ぎないとしています。

 

朝食は体の代謝を促す鍵であり、朝食によって炭水化物を摂取することは身体の他の組織にとっても重要である。

 


 

昨年発表された実験では、糖尿病患者とそうでない対象者それぞれ18人ずつに朝食を抜いてもらったところ、いずれもその後の食事で血糖値が上昇しました。

 

これには概日リズム――いわゆる体内時計が絡んでいて、朝食は私たちの生活リズムを整えるうえで不可欠であると結論づけています。

 

朝食を食べずに夕食でお腹を満たそうとする人は、肥満、糖尿病、心血管疾患のリスクを負うことになります。もっと研究が必要ですが、私はあなたが朝食を食べるべきだと確信しています。

 

ここでもいろんな意見が出ていてまとまらない感じです。

 

食べるか食べないか……悩んでいる間に学校や仕事が始まってしまいますね……。

 

体内時計はオーケストラ

 

 

前述したピーターソン氏は体内時計をオーケストラに例えています。

脳にある時計が指揮者、それ以外がオルガンです。

 

そしてこのオーケストラは2つの外部要因、すなわち「明るい光」と「食事のスケジュール」によって演奏します。

光が当たっていないときに食事をすると、代謝を制御する時計(脳にある時計)が混乱してしまい、体に間違ったサインを送ります。

 

異なる曲をそれぞれが演奏することで血糖値や血圧に影響が出てきてしまうといいます。

 


 

なるほど……興味深い考え方ですね。

 

でも夜型の生活をしている人もいるはずで、そういう人たちは肥満や血圧上昇から逃れることはできないのでしょうか?

 

朝食メニューとしてのシリアル

 

 

ある調査では朝食を食べないグループは、食べるグループに比べて心疾患のリスクが27%増加し2型糖尿病のリスクも男性で21%、女性で20%増加するというデータが得られました。

 

そこで登場するのが朝食メニューとしてのシリアルです。

シリアルは栄養をビタミンで補強したバランスのいい食事です。

上の研究結果からもわかるように朝食を食べない人は――主に栄養素の不足から――様々なリスクを抱えるおそれがあります。

 

しかし同時にシリアルには多くのビタミンや栄養素が含まれているため必要以上の糖分を摂取するおそれもあります。

 


 

ある研究結果では甘いものは早い時間に食べるのがよいとしています。

 

オーストラリアの科学産業研究機関の研究では、高タンパクの朝食はその日一日の食事欲求を減らすのに有効だとしています。

また別の研究では甘いものを一日の早い段階で摂取することは肥満予防の観点からも有益であるとしています。

 

シリアルを食べるのなら断然朝がよい、ということですね。

 


 

疲れたときには甘いものが食べたくなりますが、それは体が欲しているからなんですよ――ただ単に食べたいだけ、というわけではないんです!(断言)

 

でもやっぱり身体のことも気になってしまいますね……。

 

朝食を食べる?それとも食べない?答えはあなたが知っている

 

 

様々な学者の研究結果から、今の段階では朝食を食べることは良いとも悪いとも結論づけることはできないようです。

 

なんとも残念な結果ではありますが、そういうときこそ自分の体の声に耳を傾けるときです。

 

朝起きてお腹が空いていれば食べればいいし、そうでなければ食べなくてもいい――いつも食べているからという理由だけで朝食を無理に取ることはないのです。

あとはバランスの取れた食事を摂ることが、結局のところ一番重要で簡単なことなのかもしれません。

 


 

プチ断食が最近流行っているそうですが、ダイエットよりも何よりも、”自分の体を大切にする”というそのいたわりこそが一番大事なのではないでしょうか。

 

我慢するよりは食べたいものを楽しく食べて――できるならば――ちょっと運動もする、それくらいのほうがストレスも少なく体には良さそうな気がします。

……間食?それはまた別腹ということで。

 

 


 

 

 

ふうか
ふうか

うむ、地球の料理はおいしくて箸が止まらないな

かなで
かなで

店員さん!これおかわりー!

せつな
せつな

……たまにはこういうのも悪くない

しぐれ
しぐれ

み、みんな食べすぎだからぁ~!……もう予算が残ってないよぉ~

 

 

 


 

以上、朝食を食べることと健康についてのお話でした。

読んでいただきありがとうございました!

 

 

 

References:Is breakfast really the most important meal of the day?

雑ネタ
スポンサーリンク
しぐれをフォローする
しぐれちゃんねる

コメント