「Halo Infinite」はXbox Series X専用タイトルではない 343 Industriesがネット上の噂に回答

ゲーム
© Microsoft

Halo Infinite」を開発している343 Industriesは、同作のXbox One版の発売を取りやめる、という一連の噂を否定し、予定通り2021年のリリースをめざしていることを改めて確認しています。

 

Halo Infiniteは当初、今年のホリデーシーズンにXbox Series Xと同時発売される予定でした。

しかし7月のデジタルイベントXbox Games Showcaseでゲームプレイを公開した後、各方面から否定的な意見があり、マイクロソフトは8月11日に、同作を2021年に延期すると発表していました。

Halo Infiniteの延期はファンに様々な憶測を呼び、先週には、Series X版のパフォーマンスを優先するために、Xbox One版の開発が打ち切られたとする噂が出ていました。

マイクロソフトは今後発売する自社製タイトルについて、Xbox One、Xbox Series Xの両方でプレイできることを確約しています。

 

スポンサーリンク

 

噂について343 IndustriesのコミュニティマネージャーであるJohn Junyszek氏は、「偽のリークだ」と明確に否定し、Halo InfiniteをXbox Oneで発売する予定に変わりはないと強調しました。

 

 

また別の噂――Halo Infiniteの発売が2022年に延期される――に対しても、当初の発表通り、2021年にリリースできるよう開発が進められていると説明しています。

 

 

Halo Infiniteの延期については良い判断だとする意見が多いものの、Series X専用ではないことが改めて確認されたため、今後パフォーマンスがどの程度改善するのかに注目が集まります。

 

Halo InfiniteはPC、Xbox One、Xbox Series Xを対象に2021年発売予定となっています。

 

Source:VGC

コメント