夜型の人は精神的なリスクを抱える可能性がある(研究結果)

雑ネタ

睡眠をいつどれくらいの時間とるのかについては様々な意見や研究がありますがどれも確実なものはありません。

眠いときに寝れるのならばそれが一番ですが、現代社会に生きている以上そうも言っていられないのが現実です。

休日に寝だめをして体調を崩したり、早く寝ようとしても結局夜更かしをしてしまったりと、人間の睡眠リズムについてはまだわからない部分が多くあります。

 

今回Nature Communications誌に掲載された最新の研究では、ヒトゲノムの分析から夜型のタイプが精神的なリスクを抱える傾向があることを発見しています。

スポンサーリンク

 

夜型も朝型も身体的な影響の違いは見られない

 

 

Nature Communications誌に発表を載せた、イギリスのエクセター大学医学部で睡眠パターンの遺伝学を研究しているSamuel Jones氏は、ヒトゲノムの中に朝型のタイプに起因するデータを発見したと述べています。

それによると早起きするタイプの人に特有のゲノムデータが351あり、これらを持つ人たちは他のタイプの人たちよりも30分以上早く眠りにつく傾向があることを発見しました。

 

またゲノムデータが体内時計と網膜に関連していることも明らかにし、これが光を検出する能力と睡眠と覚醒のリズムとに大きく関係していることを突き止めました。

Jones氏は一部の人たちが早起きに慣れているのは、脳が光に反応する機能と彼らの体内時計が他のタイプの人たちと異なるからだと述べています。

 


 

研究はイギリスのBiobankという非営利保健プロジェクトと、アメリカの民間ゲノム解析会社23andMeに参加している約70万人のゲノムデータを使って行われました。

 

23andMeの参加者は健康調査で、自分が朝型なのか夜型なのかを尋ねられました。

もちろんこれは個人の主観が含まれています。

 

そこでデータをさらに補完するためにBiobankプロジェクトの85000人以上の腕に行動追跡ができるリストバンドを着用してもらいました。

ゲノムデータと自己申告、そして行動調査によって朝型と夜型の傾向を探ろうという研究です。

 

夜型の人は精神的なリスクを抱える傾向がある

 

 

集められたデータは従来のものとは異なった結果をもたらしました。

 

それは、睡眠のタイミングが違ったとしても睡眠の質には違いが見られない、というものでした。

これは以前のいくつかの研究が示していた傾向とは対照的に、夜型だからといって肥満や糖尿病のリスクが増加するわけではないことを示しています。

 

しかし別の発見もありました。

それは夜型の人たちには、うつ病や不安および統合失調症になりやすい傾向があったことです。

彼らの多くは幸福を感じていませんでした。

 

研究者はこれらの傾向が睡眠不足や睡眠の質とは関係がなく、”夜型である”ということに起因していると結論づけました。

 


 

どれだけの睡眠時間をとったかに関わらず、夜型であるというだけで精神的なリスクを抱える可能性があるというこの研究結果については疑問を呈す人もいます。

 

マサチューセッツ総合病院ゲノム医療センターの研究者Jacqueline Lane氏は、睡眠のタイミングと精神的な健康状態との関連性には不明な点が多いと述べています。

 

遺伝子の影響や朝の光の物理的刺激、そして9時から17時という社会のサイクルが支配的であることなどを挙げて、夜型だからといって精神的なリスクがあるとは言えないとしています。

そして睡眠のタイプが精神的健康にどのように関係しているのかについてはさらなる研究が必要だと語りました。

 

夜型だからといって悲観することはない

 

 

自分が遺伝子的に夜型だったとしたら精神的な健康を手放さなくてはならないのでしょうか。

 

ビジネスの生産性に焦点を合わせた睡眠コンサルタントとして知られるNancy Rothstein氏によれば、いくつかの解決方法があると言います。

 

午後にカフェインを摂取しないこと、就寝前の1時間はテクノロジーから離れるといった方法で睡眠の準備を整えることができます。

そして無理に早く寝るように努力することは現実的ではないとも語ります。

 

あなたの体内時計はタイミングの変化に適応する必要があります。シャワーを浴びたり、うす暗い明りで本を読んだり、おしゃべりしたり、ゆっくりストレッチしてもいいでしょう。

 

そしてストレッチに関しては頭から身体全体を動かし、呼吸と身体に身を任せるマインドフルネス(瞑想法)の方法を実践することを勧めています。

 


 

今回の研究結果は夜型の人にとっては少し衝撃的なものだったかもしれません。

しかし一方で無理に朝型に変えようとするよりは現実的な睡眠をとることの大事さについても示されました。

 

早く寝なければと思いつつもついつい夜更かしをしてしまいがちですが、まずは少しずつできることからやっていくのがいいでしょう。

変えられない部分は受け入れて変えられる部分は少しずつでも変えていく……結局はそれが一番身体と心にいいことなのかもしれません。

 

 

References:livescience

雑ネタ
スポンサーリンク
しぐれをフォローする
しぐれちゃんねる

コメント