シャチvsホホジロザメの最強議論に一つの答え――強者はいたずらに争わない

動物
Image by M W from Pixabay

海に住む最強の動物は何?

古くからある議論の一つですが、大体この答えは2つに絞られています。

それは「ホホジロザメ」か「シャチ」です。

分類的にはシャチが哺乳類であるのに対し、ホホジロザメが魚類であることからどうしても知性の部分でシャチが一歩リードしているのは事実でしょう。

 

どちらの動物も貪欲な食欲と大きな身体を持ち甲乙つけがたいですが、新しい調査によるとシャチのほうがホホジロザメよりも海の支配者にふさわしいかもしれません。

スポンサーリンク

 

ホホジロザメはシャチが近づくとそっとその場を離れる

 

カリフォルニアにあるモントレーベイ水族館の海洋学者Scot Anderson氏のチームは、広範囲にわたる海洋調査でシャチとホホジロザメの行動データを収集してきました。

これには大きくわけて2つのデータソースがあります。

1つは2006年から2013年にかけて収集した、GPSをつけたホホジロザメ165頭の行動データで、もう1つが、サンフランシスコ沖にあるサウスイースト・ファラロン島の海域で収集されたシャチとサメ、アザラシなどの27年間に及ぶデータです。

 

データを調査したところ研究チームはある特徴に気づきました。

それはホホジロザメがいる海域にシャチがやってくると、ホホジロザメがその場からいなくなることでした。

データはほぼ毎回シャチの出現に対してホホジロザメが餌場を明け渡していたことが示され、それはシャチが側を通り過ぎただけでも起こっていました。

そしてさらに驚きだったのは、餌場をシャチのために空けたホホジロザメは長ければ1年もの間同じ場所に戻ってこないことでした。

 

この海域はホホジロザメの餌となるゾウアザラシが多く生息しています。

データからはホホジロザメがいなくなった後、ゾウアザラシの殺害記録が急激に減ったことがわかっています。

Anderson氏はシャチの出現がゾウアザラシの生存に大きく寄与していると考えています。

 

2つの海の王者は意外にもその場で戦うのではなく、ホホジロザメのほうが道を譲っていました。

しかしホホジロザメたちは絶好の餌場を捨ててどこに向かったのでしょうか。

 

最強の捕食者同士の奇妙な横のつながり

 

GPSをつけたホホジロザメのデータはシャチから逃れた彼らの行き先を特定しました。

それは太平洋のど真ん中にある海域で、通称“White Shark Cafe”と呼ばれています。

サウスイースト・ファラロン島にシャチが出現した後には必ずといっていいほどWhite Shark Cafeのホホジロザメの密度が上昇しました。

この結果はホホジロザメがシャチに対して本能的な逃避行動をとっているように思わせます。

しかしこれは“どちらが強いのか”という議論に決着をつける決定的な証拠なのでしょうか。

 

研究チームはこれがホホジロザメの本能によるものかどうかは不明だとしています。

研究著者の一人Salvador J. Jorgensen氏はこの結果が、食物連鎖が必ずしも直線的でないことを表している、と述べます。

そして食物連鎖のトップにいる捕食者同士の横方向の相互作用が働いている可能性を示唆する一方、これがめったに起こらないことからその仕組みを完全に理解するのは時間がかかるだろうと語っています。

 


 

ホホジロザメはただシャチに尻尾を振って餌場を明け渡したのではない可能性があります。

もしかしたら捕食者のトップ同士、いたずらに争わないことを選択しているだけかもしれません。

 

 

 


 

シャチがホホジロザメを捕食するのは知られていて、シャチの攻撃によって命を落としたホホジロザメの多くは(栄養が豊富な)肝臓を失った状態で見つかっています。

肝臓だけを抜き取られたホホジロザメの死骸はシャチの冷酷さや残酷さを物語っています。

とはいえ今回の研究データは2つの捕食者たちが敵意を剥き出しに戦うのではなく、それぞれの存続のためにうまく環境に適応している姿を明らかにしました。

 

とりあえずしばらくの間は、どちらが最強か?という問いはお預けになりそうです。

 

 

References:Nature

動物
スポンサーリンク
しぐれをフォローする
しぐれちゃんねる

コメント