宇宙

宇宙

「火星への有人飛行計画はばかげている」、アポロ8号のパイロットが語る宇宙開発のありかた

アポロ8号が人類史上初めて有人で月を周回してから50年。近年の宇宙開発は目覚ましい進歩を遂げました。月以外の星に人類を送り込む計画が出てきている中、当時のパイロットたちは有人の宇宙開発に対し疑問を投げかけています。
宇宙

火星探査機インサイト、火星内部の音を探る地震計SEISを設置

NASAの火星探査機インサイトが重要機器の一つである地震計SEISを設置しました。火星の内部の音を探るSEISは、火星の成り立ちを知るための貴重なデータを科学者に提供します。
宇宙

何に見える?探査機ジュノーが撮影した木星の雲

木星探査機ジュノー(JUNO)から送られてきた木星の雲の画像が世界中の人々の想像力に火をつけています。NASAが提案したツイートをきっかけに木星の雲が様々なものに形を変えています。
宇宙

ボイジャー2号が太陽圏を脱出、41年におよぶ航海とその意義

1977年に打ち上げられたNASAの探査機ボイジャー2号が太陽風の届かなくなる地点「ヘリオポーズ」を越えました。木星以遠の星に次々と訪れるグランドツアーを達成したボイジャー2号はこれからも地球にデータを送り続けます。
宇宙

人類が初めて聞く音、NASAの探査機「インサイト」が捉えた火星の風

火星に着陸したNASAの探査機インサイトが本格的な作業を前に火星の風の音をキャッチしています。人間では聞き取れないほどの小さな音は搭載された高性能地震計SEISによって録音されました。
宇宙

ニューホライズンズが目指す最果ての星、ウルティマ・トゥーレ

2019年の元旦にNASAの宇宙探査機ニューホライズンズがまだ見ぬ天体に最接近します。地球から最も遠く離れた人工物の一つであるニューホライズンズの軌跡と今後の目的、そして世界の最果てと名付けられた新たな天体について探ります。
宇宙

火星探査機インサイトの着陸が目前に迫る!

今年の5月5日に打ち上げられたNASAの火星探査機インサイト。まもなくその着陸が11月26日(日本時間27日)に迫っています。インサイトに搭載された3つの高性能機器と、火星の上空を初めて周回する小型人工衛星についてお伝えします。
宇宙

太陽探査機「パーカー・ソーラー・プローブ」が挑む超高温世界

太陽に最も近づいた人工物であるNASAの太陽探査機「パーカー・ソーラー・プローブ」の任務と目的、また太陽の超高温のパワーが地球に及ぼす影響についてお伝えします。