ジョン・カーペンター監督「ゲーム音楽を手掛けたいが多分オファーはないだろう」

ゲーム
ⓒCompass International PicturesⓒFalcon International Productions

ハロウィン」や「遊星からの物体X」などの作品で著名なジョン・カーペンター監督が、ゲーム音楽を手掛けたいと思っていることが明らかになりました。

オンラインマガジンConsequence of Soundのインタビューに答えたもので、それによるとカーペンター氏は、ゲーム音楽を手掛けたいと思っていること、しかし誰も私に仕事の依頼をしないだろうと思っていることなどを明かしました。

ゲーム好きで知られるカーペンター氏の映画製作にゲームという存在がどれだけ関わっているか、という問いに答えた形です。

 

カーペンター氏は演出はもちろん脚本、音楽、はたまた俳優までもこなすマルチクリエイターとして知られています。

初期の映画のほぼすべてのサウンドトラックを自らが担当しています。

 


 

息子コーディの影響でゲームを始めたという監督は、ソニック・ザ・ヘッジホッグに始まりボーダーランズ、バイオショック、Destiny2などをプレイし、最近ではシャドウ・オブ・ザ・トゥームレイダーやFallout76にも興味を持っているとか。

 

氏の映画はゲームの元ネタになるものもあり(有名どころではメタルギアのスネークなど)ゲームとの親和性が高いのも特徴の一つ。

遊星からの物体Xはゲームにもなりました。

 

また最近ではDead by Daylightのキラーの一人として、ハロウィンからブギーマン(The Shape,マイケル・マイヤーズ)が登場し映画を知らない世代にも幅広く浸透しています。

 


 

御年70のカーペンター氏ですがまだまだ創作意欲は衰えていないようで、今年は音楽制作に特に力を入れていた模様。

映画ハロウィンの40年後を描く正式な続編「ハロウィン2018」がアメリカで公開され、製作総指揮にも加わっていたカーペンター氏。

その多彩な能力をぜひゲーム業界でも発揮してほしいものです。

 

John Carpenter – The Shape Returns (Official 2018 Halloween Soundtrack Audio)

1978年の第一作「ハロウィン」のテーマ音楽を自らアレンジした新バージョン

 

Halloween – Official Trailer (HD)

ハロウィン2018は日本では2019年4月公開予定

 


 

カーペンター映画といえばB級というイメージがありますが、初期の映画は今見ても予算の低さを感じさせないアイデアと演出で見る者を飽きさせないものが多いのが特徴です。

 

どちらかと言えば男性至上主義的な部分もありますが、メタルギアの元ネタとなった「ニューヨーク1997」の孤高の主人公スネーク・プリスキンや「ゼイリブ」の中で6分以上素手の殴り合いを続ける主人公、「ヴァンパイア・最後の聖戦」におけるクールな吸血鬼ハンターなど、どれも厨二心をくすぐる設定と演出は一見の価値があります。

 

『ニューヨーク1997』予告編
『ゼイリブ 製作30周年記念HDリマスター版』予告編
Vampires (1998) – Theatrical Trailer #1

 

機会があればぜひ見てみてくださいね。

きっと血が燃えたぎってくること間違いなしですよ。

 

 

 

References:gameinformer,Consequence of Sound

ゲーム
スポンサーリンク
しぐれをフォローする
しぐれちゃんねる

コメント