より安価な選択肢になるか Xboxのストリーミングデバイスについてフィル・スペンサー氏が言及

ゲーム
Ⓒ Microsoft

マイクロソフトのフィル・スペンサー氏が、Xbox用のストリーミングデバイスについて言及しています。


テクノロジー系ニュースサイトStratecheryのインタビューに応じたスペンサー氏は、Game PassにFire TVやChromecastのようなストリーミングデバイスを加えるアイデアを披露し、多くの人がXboxのゲームを楽しめる未来について説明しました。

会話のなかでスペンサー氏は、「ある人はxCloud経由のゲームをテレビにつないでプレイしたいと考えるかもしれない」と指摘し、ストリーミングデバイスについて、「低価格のハードウェアとして、Xboxのエコシステムの一部になると思う」と述べています。

このアイデアが実現した場合、ストリーミングデバイスはGame Passに含まれるようになり、プレイヤーはコンソールを保有していなくても、テレビとコントローラーさえあればXboxのゲームをプレイすることができます。

 

スポンサーリンク

 

マイクロソフトは11月10日に、次世代機「Xbox Series X/S」を発売します。

このうちエントリーモデルであるSeries Sは、高性能のSeries Xよりも200ドル安い価格設定ですが、ストリーミングデバイスが登場すれば、ここにさらに安価な選択肢が加わることになります。

 

Xboxのゲームをストリーミングデバイスを介してプレイするというアイデア自体は、新しいものではありません。

マイクロソフトは2016年にXbox専用のストリーミングデバイスの販売を計画していましたが、最終的にキャンセルされました。

また2013年には、「Halo 4」を、PCやWindows Phoneにストリーミングする実験が行われています

 

 

 

Source:The Verge