VRゲーム「Sea Hero Quest」にはアルツハイマー病や認知症の初期段階を識別する効果がある

ゲーム
© 2019 Deutsche Telekom AG

2016年に配信が開始されたVRゲーム「Sea Hero Quest」にアルツハイマー病や認知症の初期段階を識別する効果があることがわかりました。

学術誌PNASに掲載された研究結果によると、軽度の認知症などの症状は必ずしも医療検査で検出されるとは限らないが、このゲームをプレイすることで病気の初期段階を効果的に識別できるとしています。

配信開始以降既に430万人以上のプレイヤーがゲームをプレイしていて、研究者によると2分間のプレイは研究所での5時間分の調査結果に匹敵するとのことです。

 

ゲームはどちらかというと医療関係者から目の敵にされる傾向にありますが、なぜSea Hero Questは医学に役立つデータを提供できたのでしょうか。

スポンサーリンク

 

Sea Hero Questは病気の初期段階を識別する

 

Sea Hero Questは英国のユニバーシティ・カレッジ・ロンドン、イーストアングリア大学、そして認知症を克服することを目指す慈善研究団体Alzheimer’s Research UKの研究者がアイデアを出し、ドイツテレコムの資金提供の元、開発会社Glitchersによって作られました。

ゲームは地図を見ながらボートを操作し、いくつかのチェックポイントを通過していく単純なものです。

しかしこのゲームにはアルツハイマー病や認知症の患者、もしくはその初期段階が疑われる人を洗い出す仕組みが施されています。正常な人ならばチェックポイントを最短で回りゴールに向かうことができますが、そうでない人は最も効率の悪いルートを選ぶ傾向にあります。それは認知症などの病気が空間に対する認識や特定の記憶の保持に関して問題があることと関係しています。

 

研究者の一人は「空間ナビゲーションはアルツハイマー病を特定するための重要な要素として浮上している」と述べています。

Sea Hero Questは研究者の言う“空間ナビゲーション”の能力がアルツハイマー病と関わりがあるかどうかをテストする目的がありましたが、集まった多くのデータはその予想を完全に裏付けるものとなりました。

 

430万人以上が参加した“史上最大の認知症研究”は、主に50歳から75歳までのグループ27000人に焦点があてられています。このグループは10年以内にアルツハイマー病を発症する確率が最も高いグループです。

研究ではこのグループの比較対象として研究室での60人のグループを対比させています。このグループにもゲームをプレイしてもらいますが、60人のうちの31人はアルツハイマー病のリスクを増大させるApoE4と呼ばれる遺伝子を持っていました。

2つのグループのデータを比較したところ、ゲーム内で効率の悪いルートを選んだ人は、ApoE4遺伝子を持つ人たちと同じような行動をすることがわかりました。彼らは(通常の多くの人たちとは異なり)ゴールまでのルートが最短ではありませんでした。

この結果はSea Hero Questが、ApoE4遺伝子というアルツハイマー病の発症に関わる遺伝子を持つ人以外を早期に発見することができる可能性を示唆しています。

 

主任研究者のMichael Hornberger氏は、現在のアルツハイマー病に対して使用される記憶や認知のテストは、症状が進行しているものが対象になっていると述べます。

そして今回の結果は、空間ナビゲーションスキルの低下は悪化した記憶の症状にかなり先行する可能性があることを示すものだと語りました。

Alzheimer’s Research UKのCEO、Hilary Evans氏は、この規模で認知症研究が行われたのをこれまで見たことはなく、Sea Hero Questの生成するデータセットは本当に前例のないものです、と語っています。

 


 

実際認知症が生活に悪影響を及ぼす最初の兆候には、空間認識能力とナビゲーションスキルの衰退が挙げられるそうです。

これまで病気がかなり進行していなければ判明できなかったものが、ゲームというちょっとした遊びを通して潜在的なリスクを判別できるのであれば素晴らしいことですね。

データは匿名で収集されるようですが、医療への先進的な貢献方法としてゲームをプレイしてみるのもいいかもしれません。

Sea Hero QuestはOculus GoまたはApp Store、Google Playで無料ダウンロードできます。

 

 

Reference:CNN

ゲーム
スポンサーリンク
しぐれをフォローする
しぐれちゃんねる

コメント