私たちはウォンバットを尊重します!タスマニアで始まった自然との約束

自然

豊富な自然に囲まれた国や地域は旅行先として高い人気があります。

自然の中で休暇を取り人が訪れない島に行き、動物や植物とふれあいます。

……そして旅行者はおなじみの道具――自撮り棒をかかさずに持っていきます。

 

昨今世界の観光スポットはルールを無視したセルフィ―(自撮り)に悩まされています。

SNSの普及はいまや世界中の人々を承認欲求中毒にしました。

 

SNSの功罪はさておき、自撮り棒を持った遠慮のない旅行者が自然界からみればいい迷惑なことだけは確かでしょう。

スポンサーリンク

 


 

ニュージーランドは環境に対する意識がとても高い国として知られていて、旅行者に対して厳格な入国規制を設けています。

法律に触れるようなものについては当然ですが、それ以外の部分――観光における心構え――について高い意識を持つよう旅行者に促しています。

 

2018年に始まった「ティアキの約束(Tiaki Promise)」は旅行者に対して自然や環境、そして動物たちと共生するという姿勢を持ってもらうことを目的としています。

 

Tiaki Promise

Tiaki Promise

 

ティアキという言葉にはマオリ語で”守る”という意味があります。

ニュージーランドにいる全ての人が、この土地が重要な場所であるという認識を持ってもらうための考え方です。

 

ウォンバットは遠くから見るだけ

 

最近お隣のオーストラリアでも同じような試みが始まりました。

オーストラリアの南方に浮かぶ島タスマニアの東沖に浮かぶ小さな島マリア島では、ウォンバットに対する宣誓を旅行者に求めています。

 

宣誓書にはウォンバットを尊重することから始まり、島の自然を大事にすること、ごみを出さないことなどが含まれています。

とりわけ旅行者が自撮りをする際の注意点について書かれていることが印象的です。

以下がその概要です。

 

私は自撮り棒を使ってあなた(ウォンバット)を追いかけません。
私はあなたの赤ちゃんに近づきすぎません。
私はあなたを囲んだりせず、あなたを迎え入れます。
私はごみを出しません。
私はあなたを野生のままにしておきます。
私は責任感と冒険心、そして優しさを持って島を探検します。
そして私は去り、美しさと驚きで満ちた魂を家に持ち帰ります。

 

タスマニアツーリズムのCEO、John Fitzgerald氏は、これは強制ではなく島の自然やウォンバットを尊重する考え方に人々を導くものであると述べています。

 

私たちは国立公園を通じて多くの教育を行っています。そして彼らが野生生物であることを尊重してほしいと願っています。

 

Fitzgerald氏は現代が自撮りの時代であることが旅行者をウォンバットに近づけているといいます。

いまのところ大きな事故や事件はないようですが、旅行者がほかの人とは違う場所で自撮りをしようとする行為が活発になってきていることを指摘しています。

 

タスマニアだけに限りませんが、旅行先では郷に入れば郷に従えでマナーを守って行動したいものですね。

 

 

 


 

マリア島は島全体が自然保護区となっているタスマニアの国立公園です。

豊富な自然やウォンバットの生息地として知られ、またオーストラリアで最初の植民地時代の遺跡が存在しています。

 

 

View this post on Instagram

 

Discover Tasmaniaさん(@tasmania)がシェアした投稿

 

公式インスタグラムには素敵な写真が満載なのでぜひのぞいてみてください。

 

マリア島の宣誓書についてはこちらからどうぞ。

 

 

 

 

Source:CNN

自然
スポンサーリンク
しぐれをフォローする
しぐれちゃんねる

コメント