コーヒー愛好家に衝撃、スイス政府が備蓄食品からコーヒーを除外すると発表

雑ネタ
Photo by Robert Shunev,Unsplash

スイス政府は、戦争や災害などの事態が起きたときのために備蓄している食品の品目から「コーヒー」を除外すると発表しました。

政府は、コーヒーが生命維持に必要なカロリーを含んでおらず、また世界中で生産され年中収穫できることから、もはや備蓄の対象品目としての基準を満たしていないと説明したうえで、2022年までに備蓄する食品の品目について見直しを行いたいとしています。

 

スイスの緊急備蓄システムは第一次世界大戦と第二次世界大戦の際に確立されたもので、最悪な事態に備えるために、コーヒーだけでなく、米や油、砂糖、動物用飼料など様々な品目を絶え間なく維持してきました。

現在スイスの備蓄倉庫には、国内で消費される量の3か月分にあたる、15,000トン以上のコーヒーが備蓄されています。

スイスは世界で最も多くの量のコーヒーを消費する国の一つです。

今回の政府の決定は、一部の市民や、備蓄を義務づけられているコーヒー企業を困惑させています。

 

スポンサーリンク

 

コーヒーにはカロリー以外の利点がある

 

食料備蓄を監督する組織ReserveSuisseは、今回の決定に対し政府に再考するよう求めています。

ReserveSuisseは、「コーヒーの備蓄を義務づけられているスイスの15社のうち12社が、現在の備蓄方針を続けるべきだと考えている」と述べ、政府は食品のカロリーにだけ着目するのではなく、コーヒーの持つ心理的効果にも目を向けるべきだと訴えました。

スイス政府は有事に備え、食品の備蓄業者に金銭的な援助をしています。

備蓄品目からコーヒーが除外された場合、備蓄業者は管理コストの見直しを余儀なくされます。

コーヒーには業者が指摘するように、リラックス効果などのカロリー以外の利点があるため、スイス政府の決定に対しては、世界中のコーヒー愛好家や科学者たちが反対意見を表明しています。

 

スポンサーリンク

 

スイスの食糧備蓄システムは、第三次世界大戦などの緊急事態が発生したときに国民の当面の生活を守るためのものです。

スイスは永世中立国であることから自衛の概念が発達しており、多くの家には個人用シェルターが備えられ、その数は30万にも及びます。

生き延びるのにカロリーは不可欠なものですが、精神的な健康はカロリーだけでは維持することができません。

備蓄業者と多くのコーヒー愛好家たちからの非難の声に対しスイス政府は、「業者が備蓄しているコーヒーが消費者に開放されることに期待する」とだけ述べるにとどめています。

 

政府は、今回の方針転換はあくまで暫定的なものであり、11月まで広くパブリックコメントを求めたいとしています。

 

 

 


 

 

ふうか
ふうか

有事の際の備蓄食品としては、栄養のないコーヒーの優先順位が下がるのは仕方ないな

しぐれ
しぐれ

狭いシェルター生活にはリラックス効果のあるコーヒーも必要だと思うな

 

References:ABC

コメント