おいしいコーヒーを飲めなくなる時代がくるかもしれない

自然

朝に飲むコーヒーは現代人にとって癒しの一杯といえます。

甘い香りとほどよい苦さ、そしてカフェインの効果が一日の始まりを後押ししてくれます。

 

しかしこの世界中で愛飲されているコーヒーが近い将来飲めなくなる可能性があることが最近の研究でわかってきました。

コーヒー好きにとっては聞き捨てならない事態ですが、一体何が起こっているのでしょうか。

スポンサーリンク

 

絶滅の危機にあるコーヒー

 

 

イギリスの王立植物園「キューガーデン」の研究者は、現在世界で知られている124のコーヒー種についてその60%近くが絶滅の危機にあると発表しました。

 

キューガーデンのコーヒー研究及び植物資源の責任者であるAaron Davis氏は、絶滅に瀕しているコーヒー種は通常の植物の絶滅リスクと比べて遥かに高いと語ります。

 

Davis氏の研究チームは最新のコンピューターモデリング技術を使用して現存するコーヒー種のうちの75種類が絶滅の危険性にあることを突き止めました。

そのうち13種については絶滅寸前にあり、40種は絶滅危惧、残りの22種は絶滅の危険性が高い状態に分類されました。

 

私たちの生活からコーヒーがなくなることをイメージするのは難しいですが、知らない間にどうしてこんな状態になってしまったのでしょうか。

 


 

現在世界のコーヒーは2つの種だけに頼っています。

アラビカ種ロブスタ種は何百年もの間人々にコーヒーのおいしさを届けてきました。

 

この中でも特にアラビカ種は世界のコーヒー売り上げの60~70%を占めていますが、その代表的な生産地であるエチオピアと南スーダンでは近年森林破壊や気候変動によって近縁野生種が被害を受けるようになってきました。

 

近縁野生種は栽培されている作物の同一種や近縁種のことで野生種が含まれる。
近縁野生種を失ってしまうと遺伝的多様性がなくなり作物が病気になった場合などに種そのものが絶滅してしまうおそれがある。

 

キューガーデンの研究者たちは40年に及ぶエチオピアの気候データを元に、この地域の森林減少や干ばつ、病気などがコーヒー種に与える影響を測定しました。

そしてそこから得た結果から、多くの地域においてコーヒー種の多様性を保護する必要性があるとの結論を導き出しています。

 


 

何百年もの間コーヒー農家たちは野生種を利用してきました。

野生種が気候変動や病気、害虫などにより失われてしまえばアラビカ種は長く生き残れないかもしれません。

そうならないためには自然を守り保護しながら遺伝的多様性を確保しなければなりません。

 

気候変動がコーヒーに与える影響を研究しているTadesse Woldermariam Gole氏は、エチオピアとアラビカコーヒーの重要性を考えるならば最善を尽くす必要があると語っています。

 

おいしいコーヒーを未来まで

 

 

Fairtrade Australia&New Zealandが2016年に出した報告書では、わずか数十年のうちに気候変動によりコーヒー生産量が最大50%削減され、農作物と農家が大きな被害を受ける可能性があるとしています。

 

キューガーデンのDavis氏は、コーヒーを飲む人はすぐに心配しなくてもいいと語ります。

 

私たちの研究が示すことは、これらの重要な資源を保護するように今から行動しなければコーヒーの未来は明るくないということです。

 

少なくとも――今のところは――コーヒーが飲めなくなることを心配しなくてもよいとのことです。

……ちょっと安心しました。

 

しかしこのまま何も対策をしなければ近い将来必ずコーヒーにとって危機が訪れることになります。

普段何気なく口にしているコーヒーがどこからやってきてどうやって市場に出回るのか、そういったところから関心を持ってみるのは一つのアイデアかもしれません。

農家の人たちがこれから先もおいしいコーヒーを生産し続けるために、フェアトレードコーヒーを購入するという選択肢もあるでしょう。

 

いつも人類と共にあったコーヒーが“苦い”結末を迎えるのだけは避けたいものですね。

 

 

 

 

References:sciencemag,sciencealert

自然
スポンサーリンク
しぐれをフォローする
しぐれちゃんねる

コメント