西洋型食生活は記憶や食欲を狂わせる ファーストフードやジャンクフードの中毒性

雑ネタ
(Szabo Viktor/Unsplash)

オーストラリアの研究グループは、ファーストフードやジャンクフードを中心とした「西洋型食生活」が記憶や食欲を狂わせることを発見しています。

 

人間は食事を通してエネルギー源である脂肪、塩分、糖分を摂取しています。

これらは健康の維持に欠かせない物質ですが、摂り過ぎた場合、体に様々な悪影響を及ぼします。

高脂肪、高糖分の西洋型食生活は、脳の記憶や食欲に関する領域を狂わせ、肥満や糖尿病などの原因となる可能性があります。

 

スポンサーリンク

 

ファーストフードやジャンクフードは脳の海馬の機能を低下させる

 

オーストラリアのマッコーリー大学の心理学教授であるリチャード・スティーブンソン氏の研究グループは、食事の種類と記憶力の関係について調べるため、健康な20代の若者110人を対象に実験を行っています。

 

7日間の実験では参加者が二つのグループに分けられ、一方が栄養バランスのよい健康的な食事を、もう一方がワッフルやファーストフードなどの西洋型の食事をとりました。

参加者は毎回食事の前後に糖分の高い食品を見せられ、今この時点でどの程度それを食べたいかについて回答しました。

食後には記憶テストが行われ、得られたデータは、食べ物の種類や食欲のレベルと結びつけられました。

実験の結果、ファーストフードを中心とした西洋型の食事をしていたグループは、食後の記憶力が低下するだけでなく、食欲が減退しない傾向にあることが明らかになりました。

このグループは満腹感があっても、スナック菓子やチョコレートを見せられると、それを食べたいと回答しました。

 

(Didgeman/Pixabay)

 

研究者は、記憶力の低下や食欲の異常は、脳にある「海馬」が関係していると考えています。

海馬は、記憶や空間認識を司る脳の領域で、食欲の制御にも関わっています。

マウスを対象に行われた過去の研究では、海馬がジャンクフードに敏感に反応し、食欲に異常をきたす結果が示されています。

西洋型の食事に含まれる過剰な脂肪、塩分、糖分は、海馬の正常な働きを阻害し、記憶と食欲に影響を与えている可能性があります。

スティーブンソン氏は、「西洋型の食事は食欲の調節を難しくさせる」と述べています

 

スポンサーリンク

 

実験の参加者は3週間後に再び記憶のテストを受けています。

しかしこの時は実験時とは異なり、グループ間でテストの結果に差はありませんでした。

これは西洋型の食事をとる期間によって、海馬への影響の度合いが異なる可能性を示しています。

研究者は、記憶や食欲へ影響を与える要因は他にもあるとしつつ、ジャンクフードなどの西洋型の食事について、「将来的にはたばこと同じように、制限や圧力が加えられることになるだろう」と述べています。

 

肥満と糖尿病の一因になる西洋型の食事は、脳機能を低下させ、認知症の発症リスクを高めます。

スティーブンソン氏は、「加工食品は若者の過食を促進し、認知機能の障害をもたらすおそれがある」と述べています。

 

研究結果はRoyal Society Open Scienceに掲載されました。

 


 

 

しぐれ
しぐれ

お菓子を食べると止まらなくなっちゃうのはわかるなー

せつな
せつな

ジャンクフードには中毒性があるから気を付けよう……

 

 

 

Reference:The Guardian