ジャンクフードがやめられない!西洋型食生活は食欲を抑えるのを難しくする

雑ネタ
(Szabo Viktor/Unsplash)

脂肪や塩分そして糖分などが豊富に含まれた加工食品は、現代人の食生活に欠かせないものです。

しかしファーストフード、ジャンクフード、ソフトドリンクといった食品を中心とした「西洋型食生活」は、必ずしも人間の健康にとって有益とは言えません。

高脂肪、高糖分の「西洋型食生活」は、脳の食欲に関する領域に影響を与え、過食を引き起こす可能性があります。

 

スポンサーリンク

 

ファーストフードやジャンクフードは脳の海馬の機能を低下させる

 

オーストラリアのマッコーリー大学の心理学教授リチャード・スティーブンソン(Richard Stevenson)氏たちの研究グループは、健康な20代の若者110人を対象に、食後の記憶テストの結果と、食事の種類との間に何らかの関係性があるのかを調べています。

実験は7日間にわたって行われ、ボランティアの半数はバランスのよい食事、別の半数はベルギーワッフルやファーストフードといった西洋型の食事をとりました。

全ての参加者は食前に糖分の高い食品を見せられ、それをどれだけ食べたいのかを評価するよう求められました。

そして与えられた食事をとった後に記憶テストを受け、再度、糖分の高い食品を食べたいかどうかを回答しました。

その結果、ファーストフードを中心とした西洋型の食事をしていたグループは記憶力が低下し、満腹であっても食欲が減退しない傾向にあることがわかりました。

彼らは食後であっても、スナック菓子やチョコレートなどのジャンクフードを欲しがりました。

 

研究者は、実験結果は限定的なものであるとしながらも、記憶力の低下や食欲の異常には脳の海馬が関係していると指摘しています。

海馬は記憶や空間認識を司る脳の領域であると同時に、食欲の制御にも関連しています。

マウスで行われた食欲に関する過去の研究では、海馬がジャンクフードに敏感に反応し、食欲を狂わせることが示されています。

西洋型の食事をしていたグループの記憶テストの成績が通常の食事をしていたグループよりも悪かったという結果は、特定の食べ物が海馬に影響を与え、それが食欲の異常を引き起こしていることを示唆するものです。

スティーブンソン教授は、「西洋型の食事は人々の食欲の調節を難しくさせている」と述べ、ジャンクフードによって海馬の機能が低下することが、食べ物への欲求につながっていると説明しました。

 

スポンサーリンク

 

西洋型食生活の体への影響

 

Image by Thomas B. fromPixabay

 

実験の参加者は3週間後に再び記憶のテストを受けましたが、2つのグループの間に実験期間中のような成績の差異は見られませんでした。

研究グループは、ジャンクフードに代表される西洋的な食事が海馬にダメージを与えている可能性を指摘する一方、そのメカニズムについては今のところ謎であり、他に説明可能な考え方があるかもしれないと認めています。

しかし将来的にはたばこと同じように、政府は人工的に糖分が加えられた加工食品に制限をかけ、圧力を加えることになるだろうと予想しています。

 

西洋型の食事は肥満と糖尿病の一因であり、これらの病気は脳機能を低下させ、認知症の発症リスクを高めます。

スティーブンソン教授は、「加工食品は食欲に影響を及ぼし、若者の過食を促進し、認知機能の障害につながるおそれがある」と述べ、今回の実験が示した結果は重要なものであると強調しています。

 

研究結果はRoyal Society Open Scienceに掲載されました。

 


 

 

しぐれ
しぐれ

お菓子を食べると止まらなくなっちゃうよねー

せつな
せつな

ジャンクフードには中毒性があるから気を付けよう……

 

 

 

References:The Guardian

コメント