喧嘩は一旦中止――井戸に落ちた2頭のヒョウをレスキューチームが救助

動物
Photo Credit:WildLife SOS India

インドのMaharashtra(マハーラーシュトラ)州で井戸に落ちてしまった2頭のヒョウが救出されました。

インドの非営利組織Wildlife SOSによると2頭のヒョウは縄張りについて争っている最中に囲いのない井戸に落ちてしまったということです。

深さ15mの井戸はヒョウの体高以上の水かさがあり、泳ぎの得意ではないヒョウは溺れ死ぬ可能性がありました。

争っていたヒョウたちは喧嘩どころではないと悟ったのか井戸の端にある高い部分にとどまり、そこで悲痛の声をあげました。

 

幸い近くのサトウキビ畑にいた村人がヒョウの叫びを聞きつけ事の次第が明らかになりました。

 

Photo Credit:WildLife SOS India

 

ヒョウが井戸に落ちたと聞き見学にきた村人たちはまず州の森林局に連絡をとりました。

その後森林局は過去に同じようなヒョウを何度も救出した経験のあるWildlife SOSのMANEKDOH LEOPARD RESCUE CENTER (マニクドー・レオパード・レスキューセンター)に連絡を取り救援チームが駆けつけました。

 

レスキューチームはヒョウを救うためにトラップケージを井戸の中に降ろしました。

ヒョウは泳ぐことが苦手な動物なので、素早い救助が重要になります。

1頭目のヒョウはすんなりケージに入ったものの、2頭目は警戒心からかなかなかケージに入ろうとしませんでした。
(この2頭は縄張りで争っていたため一緒のケージに入りたくなかったのかもしれませんが)

しかし身体が隠れてしまうほどの水位にとうとう観念したようで2頭目も無事にケージに捕獲することができました。

 


 

救出には3時間を要しましたが、すぐにヒョウたちを解放というわけにはいきません。
(なお森林局の職員はヒョウを見ようと集まった多くの見物人を制御していました)

 

Photo Credit:WildLife SOS India

 

レスキューセンターは彼らの健康診断を行うため施設に連れ帰りました。

センターの上級獣医官であるAjay Deshmukh博士が診察したところ、ヒョウには身体の外部に傷が認められたものの、内臓など身体の内部には損傷がなかったことがわかりました。

また争っていたことと井戸に落ちたことで2頭とも激しい疲労があることもわかりました。

 

Deshmukh博士によるとヒョウが肉体的、精神的に回復するまで数日間かかるそうで、回復後は野生に返されるということです。

 


 

レスキューセンターは毎月のように今回のような井戸に落ちたヒョウを救出しているそうです。

ヒョウが井戸に落ちる理由の多くは井戸に囲いがされていないためで、これはヒョウだけでなくほかの動物や人間(とくに子供)にとっても危険であることから、センターは人々に注意を呼び掛けています。

 

 

 


 

ヒョウは単独で行動する動物でそのなわばりは30kmから78kmにまで及びます。

また通常ならばお互いのなわばりに入らないように目印として糞や尿、また木を頬でこするなどのマーキングをすることで相手との距離を保とうとします。

しかし近年開発や密猟などによってヒョウの生息域が狭まっているため今回のようななわばり争いが起きてしまいました。

最近ではインドのある村でヒョウが暴れて村人に襲い掛かる様子がニュースになったりもしました。

 

人間もヒョウも生きるのに必死なので誰が悪いとは一概に言えませんが、すくなくとも今回救出された2頭のヒョウが仲直りして何事もなく野生での生活に戻れることを望みます。

……それと15mもの深さの井戸には囲いをするように現地の人たちにもお願いしたいですね。

 

 

ヒョウ救出の様子が見られます↓

Turf War Leads to Leopards Falling into a 50-Foot-Deep Well

Turf War Leads to Leopards Falling into a 50-Foot-Deep Well

 

 

References:WildLife SOS India

動物
スポンサーリンク
しぐれをフォローする
しぐれちゃんねる

コメント