CD PROJEKT REDが「サイバーパンク2077」の発売を延期すると発表、新たな発売日は2020年9月17日

ゲーム
©2020 CD PROJEKT

CD PROJEKT REDは、2020年4月16日発売予定の新作RPG「サイバーパンク2077」の発売日を、2020年9月17日に延期すると発表しました。

CD PROJEKT REDはTwitterで、ゲームはプレイ可能な状態にあるがまだ完成には時間がかかるため数カ月の発売延期を決定した、と延期の経緯を説明しています。

またゲームの舞台であるナイトシティが巨大であることに言及し、ゲームテストやバグの修正などに膨大な時間がかかることが延期の主な理由であると付け加えました。

 

 

CD PROJEKT REDは新たな発売日に合わせ、今後定期的に情報を公開していくとしています。

 

スポンサーリンク

 

「サイバーパンク2077」の新しい発売日が、ソニーとマイクロソフトの新しいコンソールの発売日と近いことがある憶測を生んでいます。

それは、PS5とXbox Series X専用バージョンの「サイバーパンク2077」が発売されるのか、というものです。

これに対し、CD PROJEKT REDのCFOであるPiotr Nielubowicz氏は最新のインタビューで、「現時点では、サイバーパンク2077はPlayStation4とXboxOneとPC向けに作られている」と話し、次世代機ではなく現行機に焦点を絞って開発が進められていることを強調しました。

一方で別の開発者は昨年、Wccftechとの会話の中で、「別の世代のためにサイバーパンクを立ち上げる機会があればぜひそれをやりたい」と述べていることから、PS5やXbox Series Xに対応した「サイバーパンク2077」の登場は、単純に時間の問題となるかもしれません。

 

CD PROJEKT REDが“現世代における最高傑作にしたい”と意気込む「サイバーパンク2077」は、PS4、XboxOne、PCを対象に2020年9月17日発売予定です。

 

 

 

Source: CD PROJEKT,Wccftech

コメント