「Steamが分配率を88%にすればすぐに独占戦略から撤退する」Epic GamesのCEO、Tim Sweeney氏が語る

ゲーム
ⓒEpic Games ⓒValve Corporation

Epic Games Storeは昨年の登場以来ダウンロードゲームプラットフォームとして大きな旋風を巻き起こしています。

これまで市場のシェアを独占していたSteamに対抗する形で登場したEpic Games Storeは、開発者に有利な分配率を設定し、またいくつものビッグタイトルを独占することでユーザーを獲得しようとしています。

この強気な姿勢は開発者に歓迎される一方で、Steamを始めとした他のプラットフォームユーザーに嫌悪感を抱かせてもいます。

不満を持つユーザーはEpic Games StoreにはSteamと同等の機能がないとして攻撃の矛先をSNSやネット掲示板だけでなく、CEOであるTim Sweeney氏にまで向け始めています。

スポンサーリンク

 

先日あるユーザーがTwitterで、もしSteamがEpic Games Storeと同様の分配率に変更したとしても現在の独占戦略を続けるつもりなのか、とSweeney氏に問いかけました。

 

 

Sweeney氏はツイートで、Steamが現在の段階的な分配率を取りやめ、Epicのように全ての開発会社に対し88/12の分配率に変えるのならば、すぐにでも独占をやめることを検討すると述べました。

またさらにそれが実現した場合にはEpicのゲームをSteamに提供することさえするだろうと付け加えました。

 

Steamの分配率は基本的に70/30ですが、売り上げ本数に応じて、75/25、80/20と段階的に変化していきます。

Sweeney氏はSteamのこのやり方に批判的で、この事業に依存している開発者にとって生計を立てる上で最大の問題だと指摘しています。

そしてもし本当にSteamが開発者に対してEpicと同じように88%の分配率を提供するなら、それはPCゲームの歴史において輝かしい瞬間になるだろうと語っています。

 


 

Epic Games StoreはSteamに対抗するために分配率だけでなく、ビッグタイトルの誘致を積極的に行っています。

Metro Exodusを始め、Division2や、最近ではThe Outer Worlds、Borderlands3といったタイトルも独占になることが発表されています。

これまで主にSteamでゲームを販売していた開発者にとってEpicの提供する分配率は魅力的なものです。

しかしゲームをプレイする側は余計な手間が増え、個人の信念によってはSteamでの販売まで1年近くゲームをプレイできないといった状況が起こり得ます。

現状SteamにはEpic Games Storeにはない多くの機能があり、それはユーザーがSteamを選ぶ理由の一つでもあります。

少なくともしばらくの間はSteamの優位性は揺らがないものと思われますが、Sweeney氏はそれをわかったうえで今回の発言をしています。

 

Steamが分配率を見直すがどうかは未知数ですが、プラットフォーマー同士の争いにユーザーが振り回されるだけで終わらないようにしていただきたいものです。

 

 

Source:Twitter

ゲーム
スポンサーリンク
しぐれをフォローする
しぐれちゃんねる

コメント