Googleのゲームコントローラーが特許から判明、GDCで発表なるか

ゲーム

昨年Assassin’s Creed OdysseyをストリーミングでプレイするProject Streamとよばれる技術を公開して話題になったGoogleですが、今年に入ってゲーム業界参入に向けた動きが活発になってきているようです。

Googleは3月19日に開かれるGDC(ゲーム開発者会議)に出席し講演することがわかっていますが、今回アメリカ合衆国特許商標庁に登録されたゲームコントローラーについての情報が明らかになっています。

 

特許は2018年の10月に登録されていて、その内容はコントローラーの詳細な設計に関するものではなく、ユーザーが招待を受け取ったり、チャットの要求を求められたときやゲームが利用可能になった際にそれを通知するための技術に関するものです。

 

Image:Google

 

Image:Google

 

付随しているイラストからはボタンの配置などがPS4のものと似ていることがわかります。

また中央部分にマイクボタンのようなものが見えることから、これがGoogleアシスタントとの互換を示すものではないかと予想する人たちもいます。

 

いずれにしても特許はコントローラーの設計を含んでいないので最終的なデザインは大幅に変更されることもありえます。

 


 

Googleはゲームのストリーミングを使ったサブスクリプション型のサービスを検討しているとされています。

2018年にはXboxやPlayStationの元エグゼクティブが加わり、VRに関する技術者が専用ハードの開発に加わったという情報もあります。

マイクロソフトやAmazonなども独自のストリーミングサービスを展開しようしていることから、これらのIT大手の動向は今後のゲーム業界を占う上で見逃すことのできないものになりそうです。

 

3月19日のGDCではどんな驚きの発表がなされるのか要注目です。

 

 

 

Source:United States Patent and Trademark Office

ゲーム
スポンサーリンク
しぐれをフォローする
しぐれちゃんねる

コメント