太平洋横断に立ちはだかったのは大量のプラスチックごみだった

自然

1998年に大西洋を泳いで渡ることに成功したフランス人のブノワ(ベン)・ルコント氏(51)。

彼は今年の6月5日に千葉県の銚子市をスタートしてサンフランシスコまで太平洋を泳ぐチャレンジをしていました。

1日8時間泳ぎ、彼の側には調査船「ディスカバラー号」が随行しています。

夜は食事と睡眠をとり、次の日には昨日の地点から泳ぎ始めるという計画です。

 

ディスカバラー号には海洋調査をするためのスタッフがおり、ルコント氏の体調管理はもちろんのこと、海洋に広がるごみの分布状況や福島原発から漏れ出している放射能の調査などを同時に行っています。

ここで得られたサンプルはNASAやウッズホール海洋科学研究所などで科学的調査を行う予定です。

スポンサーリンク

 


 

ルコント氏はこのチャレンジは海洋汚染の実態を世界に知ってもらうことが目的であると語ります。

 

Can a Man Swim 5,500 Miles Across the Pacific Ocean? Introducing The Swim

 

そして今年の12月12日――泳ぎ始めて191日後――にルコント氏とディスカバラーはハワイのオアフ島に到着しました。

一旦ここで計画は終了となるそうですが、ひとまずはこの誰も達成したこのない偉業に拍手を送りたいと思います。

 

 

View this post on Instagram

 

Ben Lecomteさん(@benlecomtetheswim)がシェアした投稿

 

しかしなぜ目標のサンフランシスコにまで到達できなかったのでしょう?

原因は2つありました。

一つは11月に遭遇した悪天候。

そしてもう一つは、海洋に流れ出した大量のプラスチックごみが関係していました。

 

3分に1回はプラスチックに遭遇

 

太平洋の海流の循環図。これに沿って大量のごみが漂流している。

 

太平洋にはゴミベルトと呼ばれる地帯があります。

北太平洋からアメリカ西海岸に渡り、ぐるりと一周してまたアジア方面まで戻ってくるという海流に沿ってごみが移動しているのです。

 

特にプラスチックごみが及ぼす影響は深刻で、食物連鎖に有害物質が混じり野生生物の生態に大きな打撃を与えています。

 

時にはクジラと一緒に泳ぐこともありますが大抵すぐに大量のごみに遭遇します。3分に1つの割合でプラスチックのごみを見ました。そのほとんどは私たちが普段使っている家庭のごみです。

 

ルコント氏の目的の一つがこうしたプラスチックの海洋汚染の現状を世界に知ってもらうことです。

 

しかし思っていた以上に事態は深刻なようです。

 

 

View this post on Instagram

 

Ben Lecomteさん(@benlecomtetheswim)がシェアした投稿

 

ペットボトルにはじまり……

 

 

View this post on Instagram

 

Ben Lecomteさん(@benlecomtetheswim)がシェアした投稿

 

菓子パンの袋に……

 

 

View this post on Instagram

 

Ben Lecomteさん(@benlecomtetheswim)がシェアした投稿

 

マイクロプラスチックの数々。

 

マイクロプラスチックは微小なプラスチック粒子であり、海洋中に漂うプラスチックごみが熱や衝撃で破壊されたり、動物に飲み込まれたりした後にできる分解された破片のこと。
これが海洋生態系に入り込むと有害物質が残留し、生物多様性に大きな影響を与える。

 

そのほかにも、

 

 

View this post on Instagram

 

Ben Lecomteさん(@benlecomtetheswim)がシェアした投稿

 

コンビニのレジ袋や……

 

 

View this post on Instagram

 

Ben Lecomteさん(@benlecomtetheswim)がシェアした投稿

 

歯ブラシ……

 

 

View this post on Instagram

 

Ben Lecomteさん(@benlecomtetheswim)がシェアした投稿

 

こんなものまで……もうありとあらゆるプラスチックごみのオンパレードです。

 

ルコント氏をサポートしているディスカバラーのメンバーは、30分に1度海にネットを入れるだけで100個以上のプラスチックごみを集めることができた、と語っています。

 

ルコント氏はこの現状を今後数年間のうちに変えることが出来なければ、海はより深刻な事態に陥るだろうと警告しています。

 


 

今回の挑戦ではサンフランシスコに到達することはできませんでしたが、ルコント氏はまだそれをあきらめていないということです。

 

挑戦を続けることで海洋汚染の現実と、それに対して人々が危機感を持ち行動を起こすよう促すのが自分の使命だと語ります。

 

挑戦は続けるよ。海洋汚染やプラスチックに対する意識を変えるようにみんなに訴えたいんだ。それが使い捨てのプラスチックの利用をやめ僕たちがこの地球で生きていく方法なんだ。

 


 

普段何気なく使い消費しているプラスチックですが、使い終わった後のことを少しだけ考えてみるのも地球で生きる私たちの義務なのかもしれませんね。

 

ルコント氏のインスタグラムには他にもたくさんの海の写真があるので気になった方はぜひ訪れてみてください。

 


 

 

せつな
せつな

よいしょ……っと、さすがにごみを捨てないと生活スペースがなくなる

ふうか
ふうか

珍しいな、朝からごみ出しか?

せつな
せつな

ええ、これくらい大人として当然ですから

ふうか
ふうか

それでは来月はお前にごみ当番を頼もうか

せつな
せつな

え?……わ、わかりました(足の踏み場がなくて片づけてただけなんて言えない)

 

 


 

水泳で太平洋横断チャレンジをしたブノワ・ルコント氏の活動についてお送りしました。

読んでいただきありがとうございました!

 

 

 

References:benlecomtetheswim,CNN

自然
スポンサーリンク
しぐれをフォローする
しぐれちゃんねる

コメント