使用期限の切れた薬は使ってはいけない?期限切れの薬の実情と危険性

雑ネタ

いざというときのための備えとして風邪薬や軟膏などを常備している家庭は少なくありません。

しかし常備薬は毎日使うものではないため、時に使用期限を過ぎてしまうことがあります。

健康でいる時間が長ければ長いほど、薬箱の中で眠っている薬が無駄になるのは確実です。(いいことではありますが)

 

1979年からFDA(アメリカ食品医薬品局)は、製薬会社に対し、処方薬や市販薬に使用期限を設定することを要求してきました。

今では当たり前となっている薬の使用期限ですが、もしそれが過ぎていたらどうしたらいいのか、ただちに新しい薬と置き換えるべきなのかといった問題についてはあまり議論されていないのが実情です。

2012年に発表された報告によれば、使用期限の切れた薬はその日付が示すよりもはるかに長い期間有効である場合があります。

 

スポンサーリンク

 

薬の使用期限が過ぎても意外と効果が残っている――中には40年以上前のものでも

 

California Poison Control SystemのディレクターLee Cantrell氏は、“使用期限が切れている薬が人々に悪影響を及ぼす”という査読付きの研究結果を見たことがないと語ります。

California Poison Control Systemは、カリフォルニアとアメリカに住む人々や医療従事者が毒物による被害を受けた際に、治療アドバイスや情報を提供する毒物管理サービスプロバイダーです。

Cantrell氏は、時折、使用期限切れの薬を服用したことを心配する人々からの電話があると話します。

しかし期限切れの薬が人にどのような影響を及ぼすのかについての研究はほとんどないと語り、有効性は時間の経過とともに低下するかもしれないとだけ述べています。

 

2012年にJAMA Internal Medicineに発表された研究結果によると、製造日から40年以上たった薬の中には、いまだ十分な効果を持っているものがあったことが記されています。

Cantrell氏はEpiPens(エピペン-蜂による刺傷や食物アレルギーの際に起こるアナフィラキシーに対して有効な医薬品)が使用期限から4年以上経過しているにも関わらず効力の84%を保持しているという例を挙げ、緊急時には何もないよりはずいぶんマシであるだろうと語っています。

 

同氏は使用期限切れの薬に対しての研究結果が乏しい理由に製薬会社をあげています。

製薬会社は使用期限切れの薬の効果について長期的な研究をすることができますが、それをする金銭的動機がありません。(新しい薬を売った方がはるかに利益になる)

 

スポンサーリンク

 

使用期限の切れた薬には危険が伴う

 

 

米国連邦政府は、テロ攻撃や病気の発生に対応するため多くの薬を備蓄しています。

しかし全ての備蓄している薬を定期的に交換するとなると多額の費用がかかります。

そのためFDAと国防総省は1986年に、Shelf-Life Extension Program(SLEP)とよばれる期限切れの薬の交換費用を節約するプログラムを開始しました。

 

使用期限の切れた薬に対して唯一といってもいい研究が行われているSLEPでは、これまでに数々の薬剤がテストされています。

2006年には備蓄されていた122種類の薬剤の大部分において、その使用期限が平均4年間延長されています。

また2016年にはこのプログラムのおかげで21億ドルもの交換費用の削減を達成しました。

 

FDAや連邦政府のお墨付きならば薬の使用期限は無視していいの?そんな声が聞こえてきますが、Cantrell氏は十分な注意が必要だと警告します。

 

期限切れの薬は細菌増殖の危険性があり、また効力の低い抗生物質は感染症の治療に失敗することがあります。またそれらを使うことで深刻な病気や抗生物質耐性につながるおそれもあります。

 

結局のところ使用期限の切れた薬についての最も適切な行動は、いさぎよく破棄するか、薬剤師または医者に質問することです。

 

備蓄している薬の交換費用を削減することに成功しているFDAは、未使用の期限切れの薬品をDEA(麻薬取締局)が主催する回収日に持ち込むよう国民に促しています。

(2018年にはこれによって370万ポンドもの未使用の薬が処分されています)

 

 

 


 

 

ふうか
ふうか

少しくらい期限が過ぎても問題ない気もするが、製薬会社としてはリスクを抱えたくないというのが本音だろうな

しぐれ
しぐれ

薬の使用期限について不安がある場合は、自分で判断せずに医師か薬剤師に聞いてみるのが一番だね

 

References:LiveScience

コメント