抗生物質が効かないスーパーバグの脅威とその対策

雑ネタ

医療技術や薬品は日々進化し続けています。

いつか全ての病気は治るものだと錯覚してしまうほどですが、どうやら進化を続けたのは人間だけではないようです。

 

近年抗生物質に対して抵抗を持つ新たなウイルスの存在が注目されています。

スーパーバグと呼ばれるその耐性菌は気候変動や戦争と同じくらい人類や地球にとっての脅威です。

 

最近イギリスの保健省はスーパーバグがもたらす脅威に備えるため今後5年間の行動計画と2040年までのビジョンを明らかにしました。

スポンサーリンク

 

スーパーバグは人類の脅威

 

 

イギリスの保健省長官であるMatt Hancock氏は1月に開かれた世界経済フォーラムでのスピーチでスーパーバグの脅威について語りました。

 

抗生物質の力が弱まっていることを考えると戦慄を覚えます。スーパーバグは人類にとって大きな脅威でありそして気候変動や戦争と同じくらい危険です。

 

Hancock氏は、この問題に取り組まないならば自分の子供たちの目をまっすぐには見られないだろう、とその決意のほどを述べています。

 

抗生物質は細菌感染を防ぐために使用されますが、それらを使いすぎると細菌が耐性を持つ可能性があります。

耐性を持ったスーパーバグは従来の薬が効かなくなるため大きな脅威となります。

ある科学者たちのグループは、感染症を引き起こす細菌の約70%がすでに少なくとも1つの抗生物質に対して抵抗力を持っているだろうと推測しています。

 

このまま放っておくとこれまで出来ていた治療ができなくなることになります。

何か具体的な対策はあるのでしょうか。

 

新薬開発のためのプログラムと難しい現状

 

 

イギリスの保健省が発表した5年計画の中にはスーパーバグに対抗できる新薬の開発を促すものがあります。

製薬会社に対して政府が資金を援助する計画です。

 

この動きの背景には、現実が逆の動きをしていることにあります。

スーパーバグの脅威について人々が気づき始めている一方で、製薬会社はできるだけ多くの既存の抗生物質を製造し続けています。

 

イギリス国際開発省のプレスリリースでは、医薬品開発に対する投資収益率の低さが新薬開発への動機につながらない現状があるとしています。

またスーパーバグという未知のウイルスに対抗するための十分な技術革新がなされていないことが、製薬会社が新薬開発に向かおうとしない理由だとしています。

 


 

イギリスの国営医療サービスであるNHS(National Health Service-国民保険サービス)は市場システムの問題を指摘しました。

薬の価値ではなく製造した薬の数に対して製薬会社に対価が支払われているため、新薬開発を奨励するための新しいシステム作りが急務になっています。

 

こうした中、既に抵抗力を持っているスーパーバグに焦点を絞り薬を開発することを奨励するプログラムを提供する動きも出始めています。

Hancock氏によると10億ポンドの奨励金を新しいシステムに投入する計画が進行中とのことです。

 

イギリスのメイ首相はスーパーバグについて次のように述べました。

 

抗生物質耐性の増加は無視できない脅威です。日常的な手術や軽い病気が生命を脅かすようになる前に、スーパーバグの問題に取り組むことが不可欠です。

 

現在スーパーバグに対する新薬として進行中のプロジェクトは28件しかありません。

また毎年投入される新薬もごくわずかだということです。

 

抗生物質の使用を制限する取り組み

 

 

イギリス政府は今後20年間で薬剤耐性を管理及び抑制し、今後5年間で抗生物質の使用を15%削減することを計画していると発表しました。

イギリスはこれまで2014年以降抗生物質の使用を7%以上削減していますが、その間に薬剤耐性菌の感染症は35%増加しています。

この数字は抗生物質の使用が日常的かつ高い頻度で行われていることの表れです。

 

イギリス公衆衛生局は2018年に確認された抗生物質の効かない”スーパー淋病”の患者の例を報告しています。

淋病に聞くとされる2つの抗生物質が効かなかったこの事例のような深刻な脅威が出現した際に、新しい薬が確実に使用できるように保護される必要があると衛生局は述べています。

また耐性菌が今後増えていくようになると、これまで比較的簡単とされていた処置が大きなリスクをもたらすようになると警告しました。

 

Hancock氏は人間だけでなく動物や家畜に対しての抗生物質の使用も25%減らすことを計画していると話しました。

 

薬物耐性は人間の健康に影響を与えるだけでなく動物の健康や福祉、食料安全も脅かします。薬物に対する抵抗はバクテリアが発見されるありとあらゆる場所で発生するのです。

 

WHO(世界保健機関)によるとアフリカ地域で3か国、南北アメリカでは7か国のみが動物への抗菌剤の使用を制限しています。

 

スーパーバグは2050年までに年間1000万人を死亡させるという予測もあります。

この問題に対して今から行動しなければ取り返しのつかない事態になる可能性があります。

 

WHOは世界中の国々がこの問題に取り組んではいるがその足並みが揃っていず、深刻なギャップがある状態であると警告します。

また中低所得国で抗生物質が多く販売されている実情を挙げその影響に対して懸念を表明しました。

 

 

 


 

私たちは病気をした場合すぐに病院にいき薬をもらってきます。

その薬がもしかしたら効かなくなるかもしれないと考えるとゾッとしてしまいます。

しかし今回のイギリス保健省の発表はそれが現実になる可能性を明らかにしました。

 

一人一人ができることは限られていますが、薬物耐性菌の脅威が他人事ではなくすぐそこに迫っているという事実に少しでも関心を持つことがなにより重要なことではないかなと思います。

 

 

Source:CNN

雑ネタ
スポンサーリンク
しぐれをフォローする
しぐれちゃんねる

コメント