18億ピクセルの高解像度!キュリオシティが撮影した火星の360度パノラマが公開

宇宙

NASAは、2012年に火星に着陸した探査車「キュリオシティ」からの最新の画像2点を公開しています。

画像はキュリオシティが探検している「シャープ山 (アイオリス山)」にある地域「グレン・トリドン」を写したもので、撮影はミッションチームの感謝祭の休暇中(11月24日から12月1日)に行われました。

1つ目の画像は18億ピクセルのデータからなるパノラマ写真で、キュリオシティに搭載されているマストカメラ(Mastcam)の望遠レンズを使って撮影されました。

もう1つの画像は低解像度の中角レンズで撮影されたローバー自体が映ったもので、6億5,000万ピクセル分のデータが含まれています。

2つのパノラマは、1,000枚以上の画像データを数カ月にわたって慎重に組み合わせることで完成しました。

 

スポンサーリンク

 

 

18億ピクセルのパノラマ画像 Credits: NASA/JPL-Caltech/MSSS

機体を含む6億5,000万ピクセルのパノラマ Credits: NASA/JPL-Caltech/MSSS

 

チームは休暇の前にコマンドを送り、キュリオシティは4日間、計6時間半以上を撮影にあてました。

撮影は一貫した照明を確保するため、正午から午後2時までの間にのみ行われました。

NASAのジェット推進研究所(JPL)のキュリオシティのプロジェクト科学者であるAshwin Vasavada氏は撮影について、「チームの多くは家で七面鳥を楽しんでいたが、キュリオシティはこの目を楽しませてくれた」と振り返っています。

キュリオシティは今後も粘土鉱物が豊富なグレン・トリドンを調査し、生命の痕跡を探す作業に従事します。

 

下の映像で360度パノラマを体験できます。(動かせます!)

Curiosity Mars Rover’s 1.8 Billion-Pixel Pano (360 View)

 


 

 

ふうか
ふうか

キュリオシティは2013年にも13億ピクセルのパノラマ画像を撮っているぞ

しぐれ
しぐれ

画像がきれいだから地球の地形と言われても信じちゃいそうだね

 

References:NASA

コメント