竹の安定的な仕入れが困難、カナダの動物園がジャイアントパンダを中国に早期返還

動物
(Photo: Calgary Zoo)

カナダのカルガリー動物園は、中国から借り受けたジャイアントパンダを、本国に送り返すことに決めたと発表しています。

パンダは、2014年にカナダにやってきて2018年にカルガリー動物園に移された「アルシュン (Er Shun)」と「ターマオ (Da Mao)」という名前の2頭で、2023年まで貸与される予定でした。

動物園はパンダの返還理由について、新型コロナウイルスによる輸送の滞りにより、新鮮な竹を仕入れることができなくなったためとしています。

 

スポンサーリンク

 

カルガリー動物園の社長兼最高経営責任者である、クレメント・ランティエ(Clément Lanthier)氏は、「この前例のない困難な時期に、アルシュンとターマオにとって最も安全な場所は、竹が豊富な場所であると信じている」と述べ、決断は非常に難しいものだったが、中国への返還は、動物の健康と幸福を第一に考えた結果だと説明しました。

 

返還されることが決まったアルシュン (Photo: Calgary Zoo)

 

動物園は別のルートから竹を仕入れてパンダに与えることも試しましたが、それらの竹は乾燥がひどく、2頭とも食べるのを拒否しました。

大人のジャイアントパンダは1日に40kgの竹を食べるため、これまで動物園では、週に2回新鮮な竹を仕入れてきました。

定期的に餌を確保できなくなり、なおかつ2頭が別ルートの竹を食べなかったことは、動物園にとって予測不可能な出来事でした。

ランティエ氏は、「パンデミックが始まって以降、供給の変化が見られた」と説明し、この状況ではジャイアントパンダを管理することはできないと話しています。

 

スポンサーリンク

 

カルガリー動物園は世界的なパンデミックが起こる前に、パンダを中国に返還する手続きをとっていましたが、直前になってフライトはキャンセルされました。

現在フライトの許可を待っている状態であり、動物園側は早期の返還を望んでいます。

ランティエ氏とカルガリー動物園のスタッフは、アルシュンとターマオの返還は悲しいことだが、より重要なことは動物の福祉であると強調しています。

 

 

 


 

 

かなで
かなで

ジャイアントパンダは乾燥してる竹が好きじゃないんだって

しぐれ
しぐれ

パンデミックでたくさんの動物園が閉園してるから、これからいろんな問題が出てきそうだね

 

References: CBC,Calgary Zoo

コメント