キシリトールが犬にもたらす致命的な影響、ときには命に関わることも

動物
ⓒFDA

自分のペットが何を食べているのかについて考えたことのない飼い主はいません。

なるべくおいしくて栄養があって、願わくばずっと長生きできるように、食べ物に細心の注意を注ぐのが飼い主の愛情というものでしょう。

しかし中には愛情が先立つばかりに人間の好むもの――もっと言えば飼い主自身が好むもの――をペットに与えようとする人もいます。

ほとんどの場合、これはちょっと行き過ぎた愛情表現で済むものですが、場合によっては有害である可能性があることをあなたはご存知ですか?

 

先日FDA(アメリカ食品医薬品局)が発表したレポートによると、人の食べる食品に多く含まれている“ある成分”は、犬にとって致命的な影響を及ぼす可能性があります。

今や数えきれないほどの食品に含まれているその成分――キシリトールは、犬の命を脅かす危険性を持っています。

スポンサーリンク

 

キシリトールは人間には無害だが犬には致命的

 

FDAは7月9日付けのレポートの中で、現在多くの食品に使われている甘味料「キシリトール」が、ペット――特に犬にとって重大な悪影響を及ぼす可能性があると警告しました。

キシリトールはシュガーレスガムを筆頭に今や数多くの食品に含まれている甘味料です。

キシリトールは人間にとっては無害ですが、FDAは過去数年間にわたり、キシリトールを摂取した犬が中毒になり死亡に至ったという報告を数多く受けてきました。

FDAによると、犬のキシリトールの被害の最も多い事例は、無糖のアイスクリームに関連したものでした。

もちろんキシリトールを含む食品はアイスクリームやシュガーレスガムだけではありません。

 

以下に代表的な食品を挙げてみます。

 

・焼き菓子
・せき止めシロップ
・チュアブルビタミン
・うがい薬
・歯磨き粉
・ピーナッツとナッツバター
・市販薬
・ダイエットサプリメント
・アイスクリームを含むシュガーレスのデザート

 

日本ではキシリトールと言えば“ガム”という印象が強いですが、こんなにも多くの食品にキシリトールが使われているんですね。

 

しかしどうして人間には害がないのに、犬に限って害――それも致命的な害をもたらすのでしょうか。

それは、人と犬の膵臓(すい臓)の機能の違いにあります。

 

犬の膵臓はキシリトールに敏感に反応してしまう

 

血糖値は膵臓からのインスリンの放出によってコントロールされています。

人間の場合、キシリトールの摂取は膵臓からのインスリンの放出を刺激しませんが、犬の場合は少し事情が異なります。

犬の膵臓はキシリトールの摂取に敏感に反応し血流に素早く吸収されてしまいます。

すると糖が細胞に入るのを助けるホルモンであるインスリンの急速な放出が起こり、犬の血糖値はみるみるうちに急降下します。この血糖値の急激な低下は犬の生命を脅かすレベルにまで到達することがあります。

この際に見られる症状には、嘔吐、脱力感、筋力低下、失調、虚脱、発作、昏睡などがあり、通常キシリトールの摂取後15~30分で発症します。また死亡に至る時間はわずか1時間ほどです。

 

キシリトールは、私たちがそうは思っていない食品にさえ含まれている可能性があります。

FDAは犬の飼い主に、キシリトールから愛犬を遠ざけることを提案しています。

また飼い主がおやつとして犬に何かを与える際には、必ず食べ物のラベルを確認しキシリトールが含まれていないかチェックするよう促しています。

そして万が一キシリトールを摂取したと思われる症状が出た場合には、すぐにかかりつけの獣医や救急病院に連れていくよう助言しています。

 

キシリトールが含まれるものについて学び、愛犬からキシリトールを遠ざける

 

どれだけ注意をしていても動物の好奇心は、いつの日かキシリトールを含む食品を見つけ出す可能性があります。

飼い主が家を留守にしているときや寝静まっているとき、あなたの愛犬は、テーブルの上に無造作に置かれたキシリトール入りのお菓子を口にするかもしれません。

食後に歯磨きガムを噛む習慣のある犬は、食べ物以外のもの――たとえばキシリトール入りの人間用の歯磨き粉――を見つけ口にしてしまうかもしれません。

愛犬がこうした想定外の行動を取る前に、飼い主は事前の準備をしている必要があります。

 

愛犬のために飼い主ができること、それは“キシリトールを含む全てのものを犬から遠ざけること”に他なりません。

それには飼い主自身が、どんなものにキシリトールが含まれているのかをよく知っていなくてはなりません。

先述したように、今や多くの食品と食品でないものにキシリトールが使用されています。

これまでの知識は一旦捨てて、身の回りにあるものと、これから買うであろうものにキシリトールが含まれているかどうかを今一度チェックするようにしましょう。

それが愛犬を守る近道になります。

 

以下はFDAが制作した啓発動画です。字幕にもできるのでよければ見てみて下さい。

Xylitol and Dogs, A Deadly Combination

Xylitol and Dogs, A Deadly Combination

 





 

Reference:FDA

動物
スポンサーリンク
しぐれをフォローする
しぐれちゃんねる

コメント