動物園のトラが新型ウイルスに感染、人から動物への感染例は初

動物
Ⓒ Wildlife Conservation Society.

米国ニューヨーク市のブロンクス動物園で飼育されているマレートラが新型コロナウイルスに感染していることがわかりました。

ブロンクス動物園を拠点に活動している、野生動物保護協会(Wildlife Conservation Society)はニュースリリースのなかで、新型ウイルスに感染したのは「ナディア」という名前の4歳のメスのマレートラで、その他にも姉妹の「アズール」と、2頭のアムールトラ、3頭のアフリカライオンに乾いた咳などの症状が見られると報告しました。

いずれの動物も現在は回復に向かっています。

 

スポンサーリンク

 

大型のネコ科の動物は、先月末から呼吸器疾患の症状を見せ始め、アイオワ州エイムズにある国立獣医サービス研究所(National Veterinary Services Laboratory)が、ナディアからサンプルを採取して検査を行った結果、新型コロナウイルスの陽性反応が出ました。

感染は当時無症状だった飼育員から始まったと考えられており、動物園は、人から動物にウイルスが感染した初のケースであるとしています。

動物園の主任獣医であるPaul Calle氏は、「動物が人から新型コロナウイルスをうつされて病気になったのは世界で初めてのことだ」と説明し、今回得られた結果を、他の動物園や新型ウイルスを研究している機関と共有したいと述べました。

ブロンクス動物園は3月16日から閉園しています。

 

今回ウイルスの影響を受けた4頭のトラは同じ展示区域に住んでいましたが、別のオスのマレートラ1頭や、園内の他の場所にいるトラたちにはウイルスの兆候が見られていません。

また、ユキヒョウ、チーター、ウンピョウ、ピューマ、サーバルなどの他のネコ科の動物たちにも病気の症状はありません。

新型コロナウイルスは中国の武漢で発生して以降、爆発的な勢いで人から人に感染していますが、動物への感染については、香港での2匹の犬とベルギーでの猫の例など少数しかなく、今回のナディアの感染は、ウイルスの動物への感染について新たな疑問を投げかけるものです。

 

スポンサーリンク

 

ブロンクス動物園は、「アメリカ国内で、新型コロナウイルスがペットの犬や猫などの動物から人に感染したという証拠はない」と述べ、また世界動物保健機関や世界保健機関も同様に、「ペットの犬や猫が新型ウイルスを媒介するという証拠はない」という見解を示しています。

アメリカ農務省は新型ウイルスに感染した人に対し、ウイルスに関する詳細が明らかになるまて、ペットなどの動物との接触を最小限に抑えることを推奨しています。

 


 

 

かなで
かなで

感染が動物にも広がったら大変なことになっちゃうよ!

せつな
せつな

ウイルスに関する情報は最新のものを確認しよう……

 

References: WSC,BBC

コメント