R.I.P.ロジャー、世界一有名なカンガルー亡くなる

動物
Image Credit:The Kangaroo Sanctuary Alice Springs Facebook

オーストラリアのカンガルーサンクチュアリに住む有名なカンガルー、ロジャーが亡くなりました。12歳でした。

ロジャーはおそらく世界一有名なカンガルーで、彼を有名にしたのはその強靭な肉体とお茶目なキャラクターでした。

 

スポンサーリンク

 

Image Credit:The Kangaroo Sanctuary Alice Springs,Facebook

 

上の写真で一躍有名になったロジャーは、アリススプリングスにあるカンガルー・サンクチュアリの創設者であるクリス・バーンズ氏によって育てられました。

母親が車にひかれているのを発見したバーンズ氏は、お腹の袋に小さいロジャーがいるのを見つけ救出します。

助けたときはおよそ生後5か月で体毛が生え始めた頃でした。

バーンズ氏は赤ちゃんカンガルーの見た目が「ロジャー・ラビット」に見えたことから、彼をロジャーと名付けます。

 

それから2年もしないうちにロジャーは群れで頭角を現すようになり、非常に攻撃的になりました。

ロジャーは他のカンガルーだけでなく、バーンズ氏ともキックボクシングをするようになります。

その後体重90キロ、身長2メートル近くに育ったロジャーは群れのボスとして長年君臨することになります。

 

むきむきと成長した筋肉を見せつけるように素手でブリキバケツを押しつぶすロジャーの姿は、瞬く間に世界中に広がりました。

 

身長2メートルの巨体。Image Credit:The Kangaroo Sanctuary Alice Springs Facebook

 

たくましい上腕二頭筋。Image Credit:The Kangaroo Sanctuary Alice Springs Facebook

 

バーンズ氏は当初ロジャーを野生に戻すことを考えていましたが、ロジャーは足が悪くそれは果たせませんでした。

野生に帰ることは叶わなかったロジャーでしたが、BBCのドキュメンタリー「カンガルー・ダンディー」の取材によって一躍有名になり、ロジャーは世界中のフォロワーを獲得することになります。

鍛え抜かれた上腕二頭筋を見せつけるロジャーの姿に世界中が熱狂しました。

 

スポンサーリンク

 

一方でロジャーには愛らしい側面もありました。

 

Image Credit:The Kangaroo Sanctuary Alice Springs Facebook

 

Image Credit:The Kangaroo Sanctuary Alice Springs Facebook

 

屈強な戦士がかわいいぬいぐるみを抱える姿はなんとも微笑ましいですね。

 


 

ロジャーは長い間ボスとして君臨していましたが、寄る年波には勝てず11歳のときボスの座を息子のモンティに譲りました。

 

父と息子。右がモンティ。Image Credit:The Kangaroo Sanctuary Alice Springs Facebook

 

引退後のロジャーはかつてのような攻撃的な姿勢を見せることはなくなり、温厚な性格に変わりました。

視力が衰え関節炎を患っていたロジャーは、バーンズ氏が近づいてもおとなしかったといいます。

 

バーンズ氏はロジャーのことを「最高の仲間」、「息子」と呼びます。

 

ロジャーが母親の袋から引き出されたとき、彼が世界中でこんなに有名になるなんて思いもしなかったよ。

 

バーンズ氏はそう語り息子の死を惜しみました。

 

スポンサーリンク

 

ボスの座を引き継ぎいだモンティは、今ではロジャー以上の大きさに育っています。

 

ロジャーの息子モンティ。Image Credit:The Kangaroo Sanctuary Alice Springs Facebook

 

父親譲りの体格と堂々とした風格で群れの秩序は保たれることでしょう。

 

亡くなる数日前のロジャー。今までありがとう!Image Credit:The Kangaroo Sanctuary Alice Springs Facebook

 

ロジャーは彼が晩年過ごしていたお気に入りの木陰に埋葬されました。

 

バーンズ氏は、ロジャーは世界中の人たちから愛され、素敵な一生を送ったと振り返り、「私たちもいつだって君を愛しているよ」と話しました。

 


 

カンガルーの寿命は短く、10年以上生きる固体はまれです。

また野生で生きているカンガルーほど寿命が短いため、12年生きたロジャーは大往生といってもいいでしょう。

ロジャーの死因は老衰とのことで、みんなに愛されて天寿を全うしたロジャーはとても幸せな一生を送ったといえるのではないでしょうか。

 

これからは、いつも休んでいたお気に入りの場所でモンティたちの活躍を見守っていてね。

ロジャー、いままで本当にありがとう!

 

カンガルー・サンクチュアリのフェイスブックにはロジャーや仲間たちの写真がたくさんあげられているのでぜひ覗いてみてください。

 

 

 

References:One of our greatest icons, Roger the kickboxing kangaroo, has died,Roger the ripped kangaroo dies aged 12 after ‘lovely long life’

コメント